ボブスタイルの定番。

広瀬すず的なボブですが、これが意外と難しいです。

カットラインは少し前下がりです。

ボブって水平ラインのイメージがありますが、

水平に切ると前から見て首のところに髪がのぞくので、重たく見えます。

前下がりが強くなると、やり手女社長的なキツいイメージなります。(+老けます)

 

ラインが決まったら、次は長さです。

 

ボブが似合うかどうかのポイントは、

この ”長さの設定” にあると言っても過言ではありません。

 

雑誌を見て「この髪型にしたい!」ってサロンに行って

出来上がったら「なんか違うな〜?」と思ったことは、ありませんか?

 

それは、顔の輪郭とアゴの見え方と首の長さのバランスが原因です。

 

首が長いモデルと首が短いモデルで、ボブの長さは変わります。

あご下でカットした場合、仕上がりが全然違います。

 

おでこが狭い人と広い人の前髪の違いに似ています。

 

この長さの設定を首の長さ、顔の輪郭、襟足の生え方を考慮して

オシャレに決めるのが、美容師のセンスです。

 

それが決まったら、髪の厚みです。

 

量が多くて厚みが出ると、ちびまる子ちゃんを代表する ”おかっぱちゃん” になって

ダサめのイメージになります。(+幼くなります)

 

この髪の量の調整(減らし方)が大切です。

 

頭が四角く見えないように、立体的に見えるように

残すところは残しながら内側の厚みを減らします。

表面に無駄なレイヤーは入れません(丸くなってしまいます)

 

最後に質感を出して、全体のバランスをチェックして仕上がりです!

どうせボブにするなら、おしゃれでかわいいボブにしましょう!