いつもありがとうございます。

PAPERS Tokyo 表参道 おなたの髪のお悩みを解決する美容師 窪田です。

 

とにかく早く髪を伸ばしたい方必見!

【表参道美容師が教える!】『髪を早く伸ばす方法』を真剣にご提案します。

 

 

果たしてその方法は・・・?

 

目次

・髪を早く伸ばしたい理由

・毛髪の育成サイクル

・前髪を切りすぎない方法

・髪を早く伸ばすための具体的な方法

・早く髪を伸ばすまとめ

 

髪を早く伸ばしたい理由

「髪を早く伸ばすには、どうすればいいですか?」

 

サロンでお客様から多くあるご相談です。

 

「髪を伸ばしたい理由はなんですか?」

 

・好きなアーティストのヘアスタイルにしたい

・仕事や部活での髪型の規制がなくなったので

・カットしたら短くなりすぎて恥ずかしい

・長いほうが似合ってると周りから言われた

・髪がダメージで切れてしまった

・ロングヘアに憧れているから  etc

 

こういった理由で、

〈髪型をロングヘアに変えたくなった〉〈今の髪型が気にいらない〉など

髪を伸ばしたいと思う様になると思います。

 

毛髪の育成サイクル

それでは、毛髪の知識と伸びる仕組みをヘアサイクルでご説明します。

 

髪が毎日伸びる長さは、1日で、0.30.4mmほど伸びます。

1週間で2~2.5㎜、1ヵ月で約11.5㎝、1年で約12~15cmほどになります。

 

髪の毛は全体で約10万本生えています。

髪の毛には寿命があります。

男性が34年、女性が56年といわれており女性の方が髪が伸びる期間が長くなっています。

 

これには女性ホルモンが関係しており、髪の成長を促進する女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌される女性の方が髪の成長期が長くなります。

 

髪の毛にはヘアサイクルがあり5つの時期があります。

 

〈新生期〉 髪が生える時期

〈成長期〉 髪が伸びる時期 髪の全体の8割〜9割を占める

〈休止期〉 髪の活動が止まる時期 髪の全体の1割前後を占める

〈退行期〉 髪の成長が弱くなる時期 髪の全体の0.3割を占める

〈脱毛期〉 古い角質として髪が押し上げられ脱毛する 髪の全体の0.1割を占める

 

 

加齢によるヘアサイクルの影響

男女ともに加齢によって髪の伸びる速度が遅くなります。

年齢に伴って細胞の再生と代謝が低下して、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅くなるという理由と、女性ホルモンの分泌がなくなることが大きな要因と言われています。

 

代謝機能が低下することで血流も悪くなり、

髪に栄養が届きにくくなり成長が遅くなってしまいます。

 

前髪を切りすぎない方法

前髪を失敗して切りすぎてしまうと、1日でも早く伸びて欲しいと思います。

前髪をセルフカットする際に失敗しない方法を伝授します。

 

1、カットの時は濡らさない。

前髪のカットは乾いた状態ですることをおすすめします。普段ストレートアイロンやマジックカラーを使ってスタイリングしている人は、前髪カットの前に同じようにスタイリングしてからカットしましょう。

 

2、カットをする毛束を引っ張らない。

カットをする毛束を指で挟んで引っ張ってカットすると、戻った時に短くなりすぎることがあります。

前髪は自然に下ろしている場所でカットしましょう。

 

3、毛先をカットする。

前髪を調整するときは、前髪の毛先に対して縦にハサミの先を使ってカットする様にしましょう。細かく不揃いにカットすると自然な感じに、カット出来ます。

 

パッツン前髪にするときはクシを使って前髪を固定して、毛先に対して横からハサミを入れて真っ直ぐにカットします。

 

髪の毛を早く伸ばすための具体的な方法

1、ヘアサイクル(毛周期)を整えよう!

上記でお話したとおり、髪には肌のターンオーバーと同じように、「毛周期」があります。

 

この毛周期が整えば、元気な髪の成長も促進されます。

 

それに対してホルモンバランスの不調や、食生活の乱れ、ストレスの過多などによって体調が悪くなると毛周期が乱れ、髪の成長速度が遅くなり抜け毛が増える原因になります。

 

髪の毛を早く伸ばすには、まずは毛周期をきちんと整えることが重要です!

そのためにも以下の点に注意しましょう!

 

⭐︎睡眠はホルモンバランスを整え、新陳代謝を活性化します。髪の成長は睡眠中に促進されます。睡眠は22時〜4時の間はしっかり眠り、出来るだけ早い就寝を心がけましょう。

 

⭐︎出来れば湯船に浸かり汗をかきましょう。発汗により頭皮が柔らかくなったらマッサージで血行を促進しましょう! 頭皮に血液の循環が良くなると発毛が促進されます。

 

⭐︎食事は良質なたんぱく質を中心に、ビタミン・ミネラルなど、バランスの良い食事を心がけましょう。脂質と糖質を減らし保存料など食品添加物が少ない食生活を心がけましょう。

 

⭐︎タバコ・アルコールの量はほどほどにし、出来ればやめることをおすすめします。

 

2、シャンプーを選び、回数を減らす。

毎日シャンプー剤を使わずお湯だけで洗う〈湯シャン〉を取り入れます。

シャンプーは、界面活性剤がアミノ酸系(タウリン系・アスパラギン酸)のシャンプーを使い、洗浄力が弱いものをお勧めします。

 

3、髪質改善トリートメントor縮毛矯正をかける

髪質改善トリートメントや縮毛矯正をすると曲がっている髪が真っ直ぐになるので、物理的に髪が伸びます。

前髪にクセがある人は、縮毛矯正で前髪が落ちる位置が25ミリ下がるので、1週間分髪が伸びた印象になります。

髪全体は1〜3センチほど長くなった印象になります。

 

4、エクステをつける。

エクステをつけると理想の髪の長さに戻すことができます。

エクステの種類によって、ヘアアイロンもドライヤーも地毛と同じように使えます。

2ヶ月くらい経過すると、エクステの装着部や髪質も悪くなってくるので、その都度付け直しになります。費用も5,000円から40,000円程度まで幅があります。

 

5、髪を結ぶ

短くなったことを隠すこともでき、伸びるまでの期間を気にしなくなります。

髪を下ろしたときに「気づいたら伸びていた」という状態になります。

結ぶことで〈髪が引っ張られて伸びる〉ということも多少はありますが、強く引っ張りすぎると脱毛の心配もありますので、気をつけましょう。

 

早く髪を伸ばす方法 まとめ

 

髪を早く伸ばしたい理由によって、早く髪を伸ばす方法はいくつかあります。

 

長期的な視点で結果を出す場合は、

生活環境を見直し体の健康を含めてホルモンバランスと新陳代謝を正常化して、髪が健やかに成長する体を作ること。

日頃使うシャンプーを高級アルコール系シャンプーを避け、アミノ酸系シャンプーや洗浄力の優しいシャンプーを使うこと

 

短期的に結果を出す場合は、

縮毛矯正や髪質改善トリートメントで、髪のクセと歪みを矯正することで髪を1〜3cm伸ばすことができます。

エクステをつけることで、望みの髪の長さにすることができます。

 

いかがですか?

早く髪を伸ばしたくなったときに参考になれば幸いです。

PAPERS Tokyo

窪田圭志