カラーリングをするときに髪の毛の赤みが出るのが気になる、ブラウンになるのも嫌、髪の毛に赤みを感じない外国人のような透明感のあるカラーに憧れる方は多いと思います。そんな方にぴったりで強くオススメしたいのがアディクシーカラーです。今回はアディクシーカラーにはどんな色があるのか紹介していきたいと思います。

アディクシーとは

アディクシーカラー
株式会社ミルボンから発売されているオルディーブ アディクシーというカラー剤です。アディクシーの最大の特徴は、『高彩度の青色』をベースの色味にすることで、赤味のあるブラウン味を打ち消すことができるというところです。ただ赤味を打ち消すだけではなくブラウンの色味さえも感じさせなく出来るのは数多く発売されている今までのカラー剤の中でもアディクシーくらいではないでしょうか。暗髪にしたときに悩まされる重たい印象を感じさせず、中明度のクリア透明感が出ますのでより自由にヘアカラーを楽しめるためサロンに取り入れたときからたくさんのお客様にご好評をいただいてます。全ての色相・レベルがブラウンをかき消すことにこだわったブルー軸で構成され、クリアな色味の表現を可能にするシンプルな染料構成で色が創られています。

アディクシーカラーの色味の紹介

アディクシーカラーチャート
アディクシーのメインカラーは8色あります。それぞれ3トーンから13トーンまであり暗い色から明るい色まで幅広く対応出来るカラー剤です。暖色系から寒色系までそれぞれ特徴が変わってくるのでここからアディクシーカラーの色味についてご紹介していきます。

サファイア

アディクシーサファイア
なんといっても一番人気なのがサファイアです。サファイアはアディクシーのラインナップの中でも特に青を強調させたカラーで、他とは違い青の色味のみで構成されています。青系で統一させることにより、今までのブルー系のカラーよりクリアに青を発色させてくれます。ツヤ感、立体感を出し軽やかに透き通るような髪色を求めるならサファイアがオススメです。髪の毛の赤みもしっかりと抑えることができるので憧れの外国人風カラーにぴったりの色味と言えます。

コバルトブルー

アディクシーコバルトブルー
サファイアよりも紫の色味が含まれているのがコバルトブルーです。サファイアと同じく青系統のカラーになりますが、色味は藍色に近く青紫に傾いています。紫を含むことで色に深みを出せるようになりました。髪の毛のアンダートーンに黄色が多く出ている方には、補色である紫味が入っているこちらをメインにしたカラーがオススメです。またネイビーカラーに挑戦したい方にもぴったりな色味です。

グレーパール

アディクシーグレイパール
グレーパールは青の色味が含まれたモノトーンカラーです。青みが含まれていることで髪の毛の赤みに対応することができるのでグレーパール単品でも透明感のある外国人風カラーにすることが出来ます。バージン毛やアンダートーンの暗い髪色からでもくすみのあるグレーを表現することができるので仕上がりがサファイアを使用したときよりもグレーの色味を出すことがでるアッシュ系カラーです。

エメラルド

アディクシーエメラルド
エメラルドはサファイアと同じく寒色系カラーです。髪の毛の赤みを消すにはサファイアというイメージが強いと思いますがエメラルドもサファイアに負けず赤みを消すことができます。青みも加わってはいますがカーキをメインとしたオリーブカラーなので赤みを消しながら柔らかい印象を出すことができます。。はっきりとした緑ではなく、あえてくすませたグリーンはモード感を演出することも出来るのでいつものカラーに飽きてきたという方は挑戦しやすいカラーです。

アメジスト

アディクシーアメジスト
アメジストは青味が強い青紫です。ラベンダーアッシュやラベンダーベージュなどの紫と青の色味を組み合わせて作るカラーをアメジストの色味単品で実現することができます。紫の色味をしっかりと出すためにはブリーチやカラーリングを繰り返してベースの髪の毛を明るくしていくことが必要になることが多いのですが、アメジストならブリーチなしでラベンダー系カラーを叶えることが出来ます。

シルバー

アディクシーシルバー
シルバーは紫の色味が含まれたをモノトーンカラーです。青の色味が含まれているグレーパールと違って紫の色味が含まれていることで黄色をよりしっかり抑え、クリアなシルバーを表現することが出来ます。ブリーチをしている髪の毛や退色して髪の毛が黄色くなっている方にオススメのカラーです。紫の色は仕上がりに深みを出すことができるので暗めのトーンでもしっかりと色味が伝わります。

スモーキートパーズ

アディクシースモーキートパーズ
スモーキートパーズはほんのりと紫の色味が含まれたベージュカラーです。グレーパールに比べると青色の配合分量が少なく、黄味をかき消すために青紫色が色の中に入ってい流ため柔らかく透明感のあるグレーベージュを表現してくれます。スモーキートパーズはベージュがメインのカラーなのでアディクシーカラーの中では髪の毛の赤みを消す力が少し弱い色味ですがサファイアやエメラルドと組み合わせることで外国人風カラーを手に入れることができます。

パープルガーネット

アディクシーパープルガーネット
パープルガーネットはアメジストよりも少し青味が少ないラベンダーカラーです。青味が少ない分紫の色味がしっかりと入っているので寒色系の重たい仕上がりになるのを防ぐことができます。アメジストよりも柔らかい仕上がりにすることができ、ベージュと相性のいい女の子らしいラベンダーカラーを叶えることができます。

まとめ

アディクシーカラー
アディクシーカラーについて紹介しました。アディクシーカラーはこのメインカラー他にも各色味を強めたり染める前の髪の毛のトーン補正用などに使うクリエイティブラインとしてレッド、ブラウン、ブルー、ゴールドがあります。お客様一人ひとりの髪の毛の状態やなりたい仕上がりに合わせて組み合わせることでより理想のカラーを叶えることができます。今の髪色に満足していない方、次はアディクシーで染めてみませんか?

関連記事:アディクシーカラー記事一覧

ネット予約をする→こちら