人気が高くカラー剤の認知度もNo. 1のイルミナカラーですが、オーシャンの6はどんなカラーなのかご存知でしょうか?オーシャンは、イルミナカラーの中でも1番人気の色味です。オーシャンの6は比較的暗めのトーンですが、多くの方の気になる悩みのひとつの赤みをしっかりと抑えてくれる人気のカラーです。今回はそんなイルミナカラーのオーシャンの6の魅力を実際の画像と合わせてご紹介させていただきます。

イルミナカラーとは?

イルミナカラー キャッチフレーズ

イルミナカラー キャッチフレーズ

イルミナカラー 各色チャート

イルミナカラー 各色チャート

イルミナカラーとは、これまでのカラー剤では難しかった、光を含んだようなツヤと透明感が出て、外国人のような柔らかいカラーを得意としています。また、パサつきのあるキューティクルのダメージにアプローチしている為、髪の毛へのダメージが気になる方におすすめのカラー剤です。色味は全部で9種類あり、全ての色味がブルーバイオレットをベースに作られています。そのため、日本人の髪の毛に多く含まれる赤みを抑えてくれて、透明感のある柔らかい質感を実現することができます。

イルミナカラー人気No. 1オーシャン6の魅力とは?

イルミナカラーオーシャンのイメージ

イルミナカラーオーシャンのイメージ

オーシャンで白100%のベースに染毛したイメージ

オーシャンで白100%のベースに染毛したイメージ

日本人特有の赤みを消して、柔らかい質感と透明感と艶を手に入れることで有名なイルミナカラーですが、中でも1番人気はオーシャンです。イルミナカラーのオーシャンは、ブルーの色味のため、日本人の髪に多い赤みを消して、透明感のある外国人風のカラーを手に入れることができます。また、イルミナカラーは、髪の透明度を高めるためにブルーやバイオレットの色味をベースにして作られているため、透明感のある柔らかい色味を表現することができます。

オーシャン6の人気の理由3つ

オーシャンの6の大きな人気の理由を3つご紹介させていただきます。

暗めのトーンのため色持ちが良い

イルミナカラー オーシャン6

オーシャン6を使用したカラー

オーシャン6は6トーンの明るさのため、初めは暗く感じてしまうかもしれませんが、暗めのトーンの方が色素量が多くなるため、髪の赤みをしっかりと抑えてくれます。そのためしっかりと色味が入り、色持ちも良くすることができます。赤みが気になる多くの方のお悩みを解決してくれるおすすめカラーです。

お仕事で髪色が厳しい方にもおすすめ

イルミナカラー オーシャン6

オフィスカラーに人気

暗めのトーンのため、バイトやお仕事で髪色が厳しい方でも、重たく見えず、透明感のあるお洒落なカラーを楽しむことができます。「暗髪にしたいけど、真っ黒は嫌」という方におすすめです。また、黒染めはしたくないけど、暗くしないといけない就活生の方にも人気の高いカラーです。

透明感が出て肌が綺麗に見える

イルミナカラー オーシャン6

黒髪にはない透明感

普通の黒髪だと、重たい印象になってしまったり、くすんで見えてしまいがちですが、オーシャンの6は、光に当たると色が透明感が出るので、肌が綺麗に見えトーンアップ効果もあります。髪の毛にも艶が出るので、美しい髪に見せることもできます。

お客様からのQ&A

実際にイルミナカラーで暗髪にされたお客様の気になる疑問についてまとめてみたので、ご紹介させていただきます。

就活で暗くしなきゃだけど黒染めはよくないの?

イルミナカラー オーシャン6

オーシャン6で黒髪ではなく暗髪に

黒染めの大きなデメリットは、次のカラーに影響が出てしまうことです。黒染めをしてしまうと、明るくしようとしても中々明るくならないので、今後明るくする予定のある方には黒染めはおすすめしません。また、黒染めをしてしまうと、真っ黒で透明感が出ないので不自然な仕上がりになってしまうことが多いです。セルフで黒染めをしてしまう方もいらっしゃいますが、セルフでの黒染めは1番おすすめしません。なぜかと言うと、セルフでの黒染めはムラになりやすいので、今後明るくしたりする際にムラができてしまい、ムラを治すのにさらにお金と時間がかかってしまいます。また、市販で売られている黒染めは誰でも染められるようになっているため、カラー剤のレベルが強くなっています。そのため、髪の毛もダメージしやすいです。美容室でのカラーの場合は、お客様ひとりひとりの髪質や、ニーズに合わせてカラー剤の配合を変えているので、ダメージも最低限でカラーをすることができます。

オーシャン6の色持ちはどれくらい?

イルミナカラー オーシャン6

繰り返すと色持ちは良くなる

元々のベースの明るさや髪質にもよりますが、イルミナカラーの暗髪の色持ちは大体1ヶ月〜1ヶ月半くらいです。ピンクや赤など暖色系の履歴がある方は、どうしても赤みがでてきてしまいやすいので、カラーの周期を1ヶ月〜1ヶ月半くらいにして、繰り返し同じ色味を入れることによって赤みを抑えてカラーの持ちを良くすることができます。

色持ちを良くする方法はあるの?

ブリーチをしている方や、髪質的に色が抜けやすい方など、どうしても色落ちしやすい方のために、色持ちを良くする方法をご紹介させていただきます。

当日のシャンプーは避ける

シャンプー Aujua

サロン専売のものでも避ける

カラーは定着するのに時間がかかるため、カラーをした当日は、シャンプーをしないように注意しましょう。きちん定着する前にシャンプーをしてしまうと、カラーが流れ出てしまい、早く色が抜けてしまうので、シャンプーは翌日からにしていただくのがおすすめです。

シャワーやコテなどの熱の温度に注意する

コテ カールアイロン

温度は低めに

カラーは熱に弱く、色落ちの原因になってしまいます。そのため、シャワーのお湯の温度は少しぬるめに設定しましょう。シャワーの温度が熱いと髪の毛のキューティクルが開きやすい状態になり、色が落ちやすくなってしまうため、38度くらいのぬるめの温度にしてあげると色持ちもよくすることができるのでおすすめです。また、アイロンやコテなどの温度も低めに設定することをおすすめします。温度が高すぎると、髪の毛への負担も大きくなってしまうため、温度は出来るだけ低めに設定して、熱を当てすぎないように注意しましょう。

洗浄力の優しいシャンプーを使用する

ムラサキシャンプー

サロン専売品やカラーシャンプーがGOOD

市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多いです。洗浄力が強いと、それだけでカラーの色持ちを早くさせてしまうので、シャンプーは低刺激で、洗浄力の優しいものを選びましょう。シャンプーは直接髪の毛に毎日使うものなので、こだわっていただけると、カラーを長持ちさせることができます。おすすめはミルボンのAujuaです。ヘアケアにも特化しているシャンプーでなので、髪の毛のダメージが気になる方や、綺麗な髪の毛を維持していきたい方にもおすすめのシャンプーです。種類も豊富で髪の毛の悩みに合わせてお選びいただくことができるので、自分に合ったシャンプーを見つけることができると思います。また、ブリーチをしている方は、ムラサキシャンプーの使用もおすすめです。ムラサキシャンプーとは、髪の毛を洗いながら紫の色味を補充してくれるシャンプーです。紫は髪の毛の黄ばみを抑えてくれる効果があるので、髪の毛の黄ばみが気になる方におすすめです。

髪の毛をきちんと乾かす

ドライヤー

ドライが重要

髪の毛は濡れている状態だと、キューティクルが開いている状態です。なぜ髪の毛をきちんと乾かさないといけないかと言うと、キューティクルの隙間からカラーの染料が流れ出てしまうからです。キューティクルは、髪の毛の内部から栄養やカラーの染料が出ないように保護してくれる役割があるので、髪の毛をきちんと乾かすことが重要です。また、乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつけてから乾かすようにしましょう。

イルミナカラーオーシャン6レベル

オーシャン6を使用したカラー

まとめ

今回はオーシャン6の魅力についてご紹介させていただきました。オーシャンの6は赤みは抑えつつ、重たくならない透明感のある暗髪カラーを実現することができるので、赤みの気になる方は是非一度お試しいただいてはいかがでしょうか?お客様ひとりひとりのご希望やお悩みに合わせて、ご提案をさせていただきますので、是非ご予約お待ちしております。

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら