セルフカラーをやめた方がいい理由とは

市販のカラー剤を使ってセルフカラーをすることはどこの美容室でもオススメされないと思います。しかし実際は美容室に行く時間がない時やすぐに髪の毛を暗くしないといけないと言った時にセルフカラーをしてしまう方は多いのではないでしょうか?手軽にカラーリングできるセルフカラーですが、プロの美容師がオススメしない理由についてご紹介します。

セルフカラーとは

セルフカラーをオススメしない理由
セルフカラーとは、薬局などで販売している市販のカラー材を使って自分でカラーリングをすることです。最近では誰でも簡単に染められるようなカラー剤がたくさん販売されています。いつでも好きな時に買って自宅でカラーリングできるためやったことがある方も多いのではないでしょうか。通常のカラーから白髪染め、ブリーチと最近ではだんだんと種類も多くなってきています。

セルフカラーのメリット

セルフカラーのメリット
美容室でのカラーリングと比べてセルフカラーのメリットは何でしょうか?美容室でカラーリングをするのではなく繰り返しお家でセルフカラーをしてしまう方にとってのメリットをまずご紹介します。

値段が安い

セルフカラーをやる方にとっての一番のメリットは値段の安さではないでしょうか。美容室でやるカラーとは値段が大きく違ってきます。美容室でのカラーリングはカラーの材料費だけでなく私たち美容師がカラーリングをする技術に対して値段が設定されているため市販のカラー剤だけを買う方が安い値段でカラーリングすることができます。特にカラーの値段はお店によって違うため値段だけをみて選ぶのでしたらセルフカラーの方が断然安いです。

手軽にできる

値段の次にメリットとなるのがセルフカラーの手軽さです。予約をとってお店まで行く美容室と比べると、カラー剤を買っておけば自分の空いている時間を使って好きな時に自宅でカラーリングができます。また、難しい薬剤選定はなく誰にでも簡単にカラーリングができるように薬剤が作られているためすぐに髪の毛を染めないといけなかったり時間がない方にとってセルフカラーはとっても便利なカラーです。

セルフカラーのデメリット

セルフカラーのデメリット
セルフカラーのデメリットは私たち美容師がセルフカラーをオススメしない大きな理由となります。自分で手軽にカラーリングできるセルフカラーですが、失敗してしまうことでその後のカラーリングに影響してしまったりするので注意が必要です。

自分で染めなければならない

セルフカラーは自分の空いた時間に自宅でカラーリングできる代わりに自分で薬剤を塗らないといけません。特にカラーリングが初めてという方は塗り方がわからず、買っていた薬剤が途中で足りなくなってしまうということもあります。自分で塗る場合は後ろも見えず、なおかつカラー剤が足りないとなるとカラーリングはどんどんムラになっていきます。一度ムラになってしまうと自分で治すのは難しいため結局美容室でカラーリングをしないといけなくなります。

色のバリュエーションが少ない

セルフカラーは美容室でのカラーリングと比べると色のバリュエーションがかなり少なくなってしまいます。今はサロンでも使われているカラー剤もネットで販売していることがありますが、美容室で扱う薬剤はしっかりと知識を持って扱わないと希望の色にならなかったり失敗やダメージの原因になります。市販のカラー剤でもイメージ写真やカラーのサンプルがありますが、カラーリングをする髪の毛の状態は皆さん違うためサンプルと同じような色にすることは難しいと言えます。

ダメージが大きい

セルフカラーの1番のでデメリットと言ってもいいのがカラー剤による髪の毛のダメージです。美容室でカラーリングする場合はお客様の髪質や髪の毛の状態に合わせて薬剤を選定します。しかし、市販のカラー剤は誰でも簡単に染められるように薬剤の強さが全て同じです。カラーリングをする髪の毛の状態はそれぞれ違うのにみんなが同じ強い薬剤を使ってしまうと髪の毛にとても大きなダメージがかかってしまいます。しっかりと髪の毛にあった強さの薬剤でカラーリングすることはとても大切なことです。

セルフカラーに関するQ&A

セルフカラーをオススメしない理由
ここで、実際にお店にご来店したお客様から多いセルフカラーに関する質問をご紹介します。セルフカラーをしようと考えている方は是非参考にしてみてください。

Q.セルフカラーの際に必要な薬剤の量がわかりません

A.基本的にセルフカラーはオススメしませんが、どうしてもすぐにセルフカラーをしないといけなかったという方に多い質問です。市販のカラー剤のメーカーごとにおおよその目安は記載してあると思います。髪質や髪の毛の量、薬剤の塗布量によって必要な量が変わってくると思いますので、メーカーに記載してある目安よりも少し多めに準備することをオススメします。

Q.セルフカラーをしてもサロンと同じようにアフターケアすれば大丈夫?

オージュア トリートメント
A.アフターケアはとても大切でカラーリングの色持ちやダメージに大きく関係してきます。しかし実際セルフカラーと美容室でのカラーとでは髪の毛にかかる負担が大きく違います。そのため同じようにしっかりとアフターケアをしても市販でカラーリングした場合だと綺麗な仕上がりにできなかったりダメージが大きいままということが多いです。

Q.セルフカラーでムラになった髪は美容室で直せますか?

セルフカラーの色むら
A.ムラになってしまった髪の毛を直すことは可能です。しかし髪の状態やどの程度のムラがあるのかによってできる仕上がりが変わってきます。セルフカラーによるムラの直し方は、ムラになっている一番暗いところに合わせてうえから一色にカラーリングする。もしくは、ブリーチや脱染剤を使って髪の毛に入ってしまった色味を落とす方法があります。もしセルフカラーでムラになってしまった場合はご相談ください。

まとめ

セルフカラーをオススメしない理由
今回はセルフでカラーをオススメしない理由をデメリットと一緒にご紹介しました。セルフカラーは髪の毛に負担がかかるということとムラになって失敗してしまう可能性が高いです。失敗してしまうと直すのに時間がかかってしまったりするためできるだけセルフカラーは避けましょう。しかしどうしてもすぐにカラーリングが必要で失敗してしまったという方は是非ご相談ください。

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事