ダブルカラーで理想のヘアカラーを手に入れよう

外国人のような透明感のあるヘアカラーに一度はしてみたいと思いますよね。そんな憧れのカラーを叶えるにはダブルカラーがオススメです。ダブルカラーは透明感や抜け感を出すだけではなく、自分の理想のヘアカラーを実現する事が出来ます。そこで今回はダブルカラーについてメリットやデメリットを紹介していきます。

ダブルカラーとは

ダブルカラーとは
この名称から分かる通り、ダブルカラーとは2回の工程を通してカラーリングをしていく事です。基本的にブリーチとカラーの組み合わせになります。1回目にブリーチを使って髪の毛の色を明るくしてから、2回目でカラー剤を使って色味を髪の毛に浸透させて染めていきます。なぜ、2回の工程を踏まなければならないのかというと髪の毛のベースの赤みが邪魔をして1回で入れる事が出来る色素が限られてしまうので、2回カラーすることによって1回だけでは出す事の出来ない色味を表現する為です。

ダブルカラーのメリット

ダブルカラーのメリット
では、ブリーチを使ってダブルカラーをすることでどんなメリットがあるのでしょうか。ダブルカラーをやりたいと思っている人は参考にしてみてください。

理想の色味が手に入る

ブリーチで髪の毛の色素を抜いて染めるダブルカラーは、自分が理想とするヘアカラーが手に入ります。地毛の黒い状態からカラーリングをする場合、一度でできる明るさが限られてしまったり赤みが邪魔をして色味が綺麗に入らない事が多いと思います。ダブルカラーなら地毛の黒い状態から染める前にブリーチでベースを整えることができるため淡い色味や鮮やかな色味も入れる事ができ、綺麗に発色することができます。

色落ちが綺麗

ダブルカラーはブリーチがベースになっているので色落ちも綺麗です。暗めのヘアカラーで染めるとだんだん明るくなって抜け感や透け感が出てきてくれます。ベースが綺麗にブリーチできていれば、濃い暗めのカラーをしてもだんだんと退色してきた時にベージュの色味になってくるので退色も楽しむことができます。明るめのヘアカラーで染めれば、憧れる方も多い淡い外国人風カラーになります。

ダブルカラーのデメリット

ダブルカラーのデメリット
なりたい色を叶えることができるダブルカラーですが、デメリットも少なからずあります。ダブルカラーをする前にしっかりとデメリットの対策を知ってからカラーリングしましょう。

傷みやすい

通常のカラーは1回で済むのですが、ダブルカラーはこの工程が2回になるので1回のカラーと比較すると、とても髪の毛へのダメージが大きくなってしまいます。特にブリーチは通常のカラーよりも強い力で髪の毛の赤みを削っていきます。そのためダブルカラーをした後はトリートメントでしっかりとケアすることが大切です。

色ムラが目立ちやすい

明るいヘアカラーに共通して言える事ですが、髪の毛のトーンが明るくなると、暗いトーンの髪の毛の色に比べてムラが目立ちやすくなってしまいます。特にダメージの大きい毛先はアイロンやコテの熱で退色が早くなってしまうためムラになりやくすなります。そのためカラーの色味に合わせたカラーシャンプーやカラートリートメントを使って色持ちを良くすることをお勧めします。

ダブルカラーについてのQ&A

ここで、お客様からのダブルカラーに関する質問で多いものをご紹介します。初めてブリーチをしようと思っている方は気になることもたくさんあると思います。参考にしてみてください。

Q.ダブルカラーをした後の色落ちはどんな感じになりますか?

ダブルカラー 色落ち
A.ブリーチをした後は元々のベースに近い色合いになります。ブリーチの後に入れた色味や髪質によってオレンジ味が出たり黄色くなったり少しずつ変わってきますが、ベージュの色味が加わったような色味に退色していきます。通常のカラーに比べて色落ちのスピードは早くなってしまうので、しっかりと暗めにカラーリングをしたり紫系などの色持ちが良いカラーがおすすめです。

Q.ダブルカラーの色持ちを良くするには何をすれば良いですか?

カラーシャンプー
A.カラーをオーダーするときに濃暗めの色味にすることで色持ちを良くすることができます。また、カラーリングの色味に合ったカラーシャンプーやカラートリートメントを使って、退色していく髪の毛に色味を補ってあげることで色持ちが良くなり、色落ち後も綺麗な状態を保つ事が出来ます。

Q.ブリーチ毛はどんなケアをすれば良いですか?

A.ブリーチをした髪の毛はダメージが大きいく乾燥しやすくなっているためトリートメントでしっかりと保湿することが大切です。また、ヘアドライヤーの使い方やヘアアイロンによる熱も髪の毛に負担がかかってしまいます。なるべく上から下に向かってキューティクルを整えるように髪の毛を乾かし、アイロンの温度は低めに160度前後で使用するようにしてみてください。

まとめ

ダブルカラー
今回はダブルカラーについて詳しく紹介しました。ブリーチは髪質ややりたい仕上がりによって1回ではできない場合もあります。しかしブリーチなしでカラーリングするときと比べて仕上がりの発色や透明感が大きく変わってきます。ダメージケアをしっかりとすることでブリーチのデメリットもカバーすることができるので是非ダブルカラーに挑戦してみたいという方はお任せください。

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事