ブルーアッシュにするならアディクシーカラーのコバルトブルー

日本の大手美容メーカーであるミルボンから2019年に新たに発売されたアディクシーカラーのコバルトブルーについてレシピやお客様からのご相談内容について徹底解説します。

アディクシーカラーコバルトブルーとは?

アディクシーカラーコバルトブルー

20205月現在アディクシーカラーの最も新しいカラーがコバルトブルーです。名前の通り青みのカラー剤になります。青みのカラー剤にというと、サファイヤがありましたが、サファイヤは他のカラーを交えない青色のカラーでした。コバルトブルーは青色と青紫色が配合されたカラーなのです。カラーコントロールをしていなくてもコバルトブルー単色でキレイなブルーアッシュを表現できます。もちろん茶色みは入っていないので透明感のあるカラーを表現できます。

気になる色持ちはどれくらい?

コバルトブルー色落ち

色味の濃いカラーというのが特徴のアディクシーカラーなのですが、色持ちも長くもつのがアディクシーカラーです。他のカラー剤ではだんだん色が抜けていくのが感じられると思いますが、アディクシーカラーは最初の2週間はあまり変わった感じがしません。そこからだんだんと色の変化は感じますが、ブリーチをしていなければ1ヶ月半以上の色持ちを体感できます。茶色みを含まないカラー剤なので色落ちの過程も、赤みや黄色みを抑えてきれいに色落ちしていきます。青みのカラーは緑色に色落ちしたというお声も頂きますが、コバルトブルーは青紫色の配合のお陰で緑に色落ちすることもなくきれいにシルバーのように色落ちしていきます。

アディクシーカラーコバルトブルーのレシピカタログ

実際に髪の毛に染めてみるとどんな感じなのでしょうか。撮影許可のいただけたお客様のお写真をまとめてみましたのでご覧ください。

ブリーチなしコバルトブルー

まずはブリーチなしで染めたお客様です。コバルトブルーの7トーンで染めています。赤みは抑えられているので外国人のような透明感を体感できます。濃いめのカラーは個性的になるかもと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ブリーチをしていなければ特別、個性的なカラーになることもありません。落ち着いた明るさは特にツヤ感も出るのでとてもキレイです。

ブリーチありコバルトブルー
ブリーチを1回している履歴のお客様です。紫色も感じられるブルーアッシュになりました。ブリーチ毛は黄色みが出やすく、青みのカラーで染めると緑色になってしまいやすいですが、コバルトブルーの青紫色の配合で緑っぽくならずにブルーアッシュを楽しむことができます。色落ちの黄色みが気になる方にもオススメのアッシュカラーです。

ブリーチありコバルトブルー
もっと青みのカラーにしたいお客様です。韓国人風の髪色にしたいということでコバルトブルー5:サファイヤ5=1:1で染めています。はっきりした青色のカラーは若い女性に大人気です。お肌も白く見せてくれるので韓国人風のカラーにしたい方には特にオススメです。サファイヤだけでは色落ちが緑っぽくなりやすいので、コバルトブルーをプラスして色落ちまでブルーアッシュを楽しんでいただけます。

アディクシーカラーコバルトブルーのQ&A

お客様からアディクシーカラーコバルトブルーについてご質問いただきましたので回答とともにご紹介します。

Q.色持ちさせるにはどうしたらいいですか?

紫シャンプー
A.ブリーチしている髪の毛には特にカラーシャンプーを使っていただきたいです。紫しゃんぷーなどを使っていただくと色持ちは良くなりますし、色落ちもきれいです。青みのカラーは熱で色が抜けやすいのでアイロンの温度を150度前後にして使用してみてください。

Q.毛先だけいつも明るくなってしまうのが気になります。

コバルトブルー トーン
A.アディクシーカラーは3〜13トーンと幅広い明るさのカラー剤があります。明るさが気になるようでしたら色味をワントーン落としてみたり、毛先を違う配合で染めてみるのもいいかもしれません。カウンセリンク時に髪の状態を見てご相談させていただければと思います。

Q.コバルトブルーで染めてもらうにはどうしたら良いでしょうか?

A.カウンセリング時にどんな髪色にしいたいか、どんな風になるのは嫌なのか、どんなところが気になるのかをお聞きします。アディクシーカラーのコバルトブルーで染めてくださいと言っていただいてもいいのですが、もしかしたら希望のカラー剤で染めてもなんか違うかもと思ってしまうことがないように、カラーチャートや画像を見てご相談することでお客様に合ったベストの髪色を一緒に決めさせていただきます。

Q.オススメの明るさを教えてください

コバルトブルー5トーン
A.個人的には5トーンから7トーンのすこし暗めのトーンをオススメしています。就活やお仕事などで暗めに染めなくてはいけない方も透明感を求めるお客様が多いので、暗く見えるけど透明感もしっかり楽しめる5〜7トーンをオススメしています。もちろん他のトーンもきれいなのでご相談して明るさを決めましょうね。

最後に

アディクシーカラー コバルトブルー
新しいブルーアッシュを表現できるアディクシーカラーのコバルトブルーをご紹介しました。青みカラーの新色として新しいブルーアッシュを体感できると思います。透明感もありどこが優しい雰囲気も出せるようなコバルトブルーはアディクシーカラーの中でもオススメの一色です。プライベートからお仕事の場面でも楽しんでいただけるアッシュカラーになりますのでぜひ試していただけると嬉しいです。ご予約、ご相談などお気軽にお待ちしております。

 

関連記事:アディクシーカラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事