ホワイトブリーチの作り方

この記事を読むのに必要な時間は約8分です。

今日はブリーチをしている方に向けての記事になります。よくブリーチをされるお客様から近い将来ホワイトヘアにしたい!というオーダーがあります。ですがこのホワイトヘア難しい!!という美容師さんからの声や、中々ホワイトにならないというお客様の悩みがあったりします。僕もアシスタント時代のときはむやみやたらブリーチをして髪の毛を傷つけてホワイトしていたことがありますが、ホワイトヘアって意外と簡単なんです。

ホワイトブリーチとは


ホワイトブリーチとは金髪や白髪の髪に近づけたい際に使用するブリーチ剤のことをいいます。髪の明るさを明るくする以外に、白色の金髪にブリーチをすることもホワイトブリーチとサロンではいいます。
市販のブリーチ剤では、髪を明るくする時は茶色や金髪にすることができます。さらに脱色して金髪以上に白髪に明るくしたい方は「ホワイトブリーチ」をサロンでは使用しています。
白系の金髪は日本人には似合わないことがあります。髪の毛を明るくすることで、自分の希望とするデザインは叶いますが、明るくすることで髪にかかる負担は非常に傷むことです。黒髪に戻すことはできますが、髪の毛の繊維にダメージを持たせるため、切れやすくなったり、絡みやすくなるのでホワイトブリーチをする時はメリットやデメリットを知ることが重要です。

ホワイトカラーとは

ホワイトカラーとは、名前の通り髪の毛を真っ白まで脱色した時の状態のことを言います。この白い状態に色をのせたり、そのままホワイトやシルバーにして楽しむのがホワイトカラーの魅力です。ホワイトなので透明感や透け感はトップクラスの美しさがあるのが最大の特徴です。カラーリングの中でも一番透明感のある真っ白なカラーリングのことです。ですが、多くのお客様が一回の来店だけで白くするものだと思っている方も多いと思いますが、実はホワイトカラーは2~3回にわけて行うカラーリングなのです。

黒髪からホワイトブリーチで金髪白髪にできるのか?


真っ黒の髪の毛の状態から、ブリーチやホワイトブリーチをしても明るい白髪にはなりません。ブリーチやホワイトブリーチは、何回か繰り返しする必要があります。1度目でもホワイトブリーチをすると、髪質が変わり、パーマをかけることができません。
自宅でのアフターケアは、オージュアのイミュライズ、エクイアルがオススメです。前文にも記載しましたが、ブリーチやホワイトブリーチをした後は、アフターケアが必要になります。
自宅でのケアを意識することが、ダメージを抑えて希望の髪色になれる施術につながります。

ホワイトブリーチは市販でできるのか?


プロ仕様のブリーチ剤がなんと販売されています。

今日も1日営業が終わりました。。

使い方は非常にシンプルです。薬を混ぜて塗るだけです。プロ用として、販売されていることはすごく安価に購入できるので試してみたいのですが、自分のできないことをしてもらえるからプロが存在します。色を安定させてキレイに抜くのはなかなか僕たちプロのデザイナーでも難しいとされている技術です。個人で使用することはオススメしません。

ホワイトブリーチで黄色を消すには?

ホワイトブリーチは、何度も繰り返してブリーチをすることで白い髪へと近づきます。髪の毛の黄色みの強い金髪を消すには2つの方法があります。1つは、ブリーチを何度も繰り返し、金髪から白髪にする方法。2つめは、ホワイトシャンプーという紫のシャンプーで黄色の反対の色を塗る方法です。

ホワイトブリーチのやり方


ホワイトブリーチの作り方をご紹介したいと思います。
が、わたくし、ブリーチはあまり好きではありません。
が、お客様からの要望を素直に取り入れて、額には汗をかきながら施術した全貌をお伝えします(w)

まず、セクションを決めます。他店での施術ですので、どんな感じで施術されたかわかりませんでした。

お薬を塗布します。
パウダーブリーチ+クリームブリーチ+ox=45min
この段階で、すでに前回ブリーチを1度施述しています。今回は2度目のブリーチになります。
ワンメイクという1回で塗る方法で仕上げます。

表面にかかる毛束は、塗りません。
理由は、後でわかります。

流し終えるとこのような状態です。
ブリーチは覚悟が必要です。
なぜなら、結構傷みます。

逆に、やると決めたら、とことん、やるほうがきれいな色が出ます。

完成です。

ですが、秘密はここからです。

BEFORE


黄ばみを取るのが難しいとされているブリーチですが、薬剤選定+時間=ホワイトブリーチになります。

AFTER


やっぱり、、黄色より、白がきれいですね、そして結んだ時のグラデーションが非常にきれいです。思わず、ガッツポーズをしてしまいました。

ホワイトブリーチのやり方

ホワイトカラーをする上で必須となってくるのがブリーチです。
ブリーチって他のカラーと何が違うの?そういう方はこちらを見てみてください↓

・ブリーチをする


⇨1ブリーチをして黄色白まで抜きます。ブリーチで髪の毛の赤みを取っていきます。一度だと、オレンジっぽくなるのでその上から再度ブリーチを塗布することで金髪にまでもっていきます。
この状態で髪の毛の赤みを取ることができます。そして残るのが黄色味です。
・黄色味をとるためにカラー剤で補色を塗布していく
⇨いくらブリーチをしても、黄色味が完全に取れることはありません。
そこで黄色味を消すために補色のバイオレットをかぶせていきます。ブリーチをしてもオレンジっぽい色味が残るような方はアッシュを加えてあげることで補色の関係で残留している色素を打ち消していきます。
ここまでで1度目の工程が終了です。

・一ヶ月後に来店

一ヶ月後に来店していただいた時に全体が金髪っぽくなって退色していたら土台の完成です。黄色の反対色のバイオレットに少量のブラウンで仕上げます。まだ、オレンジや黄色が強く残っている場合は、もう一度ブリーチをすることがあります。
この土台のできた髪の毛に無彩色のカラーのモノトーンとクリアとバイオレットを混ぜることでホワイトカラーの完成です。
※ここで、お客様の希望としてシルバーやホワイトベージュなどのオーダーがあればバイオレットを中心にシルバーやベージュを加えます

・ホワイトカラーをする上で覚えておくこと

一度の施術で無理に完成させるよりも2回~3回施術させていただいて作り上げていくととっても綺麗なホワイトアッシュにすることができます。
ブリーチも昔とは違い、髪の毛にダメージが少ないものも取り扱っているので、極力ダメージを減らしつつブリーチカラーができるのでお気軽にご相談ください。
仕上がりのお時間としては、現在のお客様の髪の毛の状態によって変化するため、余裕をもった来店をしていただくことをおすすめしています。
黒染め、パーマ、縮毛がかかってる方はNGです。希望色単品でいくと必ず失敗してしまいます。カラーって混ぜれば混ぜるほど、色は濁るので混ぜすぎはホワイトになりません。

どのくらいまでブリーチをすればいいの?

だいだいこれくらいまでブリーチをします。黄色がなるべく少なく極限まで少なくすることがポイントです。
ここでホワイトシルバーやホワイトベージュなどのくすんだホワイト系のヘアは?

ホワイトラベンダーシルバー
薄いラベンダーにシルバーを配合してるので
色が抜けていく過程で黄色を打ち消して
黄色がない綺麗なシルバーになります。

ホワイトベージュ
ホワイトベージュに少量のラベンダーで作りました。ベージュは黄色と近い色なので黄色になりやすく保つのが難しいカラーです。

ブリーチの黄色みを抑えるオススメシャンプーとは?


こちら左のムラサキシャンプーで洗って五分装置ですそうするとある程度ブリーチをしてホワイトヘアにしてる方が黄色く抜けたときにこのシャンプーを使用していくと??

このような濁りのない綺麗なホワイトヘアになります。誰にでも使ってOKなわけではないのでブリーチをしていてホワイトにしたい方には使用OKなシャンプーですのでご注意を!ホワイトヘアはブリーチ技術がないと簡単にできないのでできる美容師選びも必要ですね!ホワイトヘアやハイトーンカラーならお任せ下さい「ブリーチ後の髪の色をキレイに保つ・黄ばみをなくす・アッシュカラーを落ちにくくさせる」
通常、金髪などの明るい髪色にする場合は、カラー剤ではなくブリーチ(脱色)が必要になり、
ブリーチをしたのち自分の好みのカラーを入れ、染まりにくい髪の色にしたり、ハイトーンの外国風なブロンズヘアにしたりできます。しかし、ブリーチした後の髪は黄ばみが出てしまうケースが多く、この髪の黄ばみを回避してくれるのがムラサキシャンプーです。黄色の反対色である紫のシャンプーで髪を洗うことによって、ブリーチ後に出てしまう黄ばみを打ち消すことができます。普段のシャンプーに置き換えるだけなので手間もさほどかかりません。
関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事