ラテカラーで柔らかい質感を手に入れよう

ラテ、と聞くと優しさに包まれたようなポカポカしたイメージが湧いてきませんか。今回は赤味を抑えた柔らかい印象を与えてくれるラテカラーについて紹介します。
まずはラテカラーについてです。

ラテカラーとは

ラテカラー
ラテカラーとは、くすみのあるブラウンやベージュなどといった、カフェラテのような色合いの事です。ブラウンベースのヘアカラーは赤味やオレンジ味が出てしまいがちですが、このラテカラーは赤味やオレンジ味を程よく落ち着かせて、よりくすみ感を与えてくれるので、ナチュラルで優しい大人の雰囲気を演出する事ができます。ブラウンよりもくすみ感がありおしゃれに見えるカラーなので、いつものブラウンカラーに飽きてしまった方にオススメです。
次に明るさの違いでどのような変化があるのか説明していきます。

明るめのラテカラー

明るいカフェラテ
明るめのラテカラーは、より透明感や透け感を与えてくれます。基本的にベージュ系の色合いは柔らかい印象や優しい質感に仕上げる事が出来るのでイメージを変えたい方におすすめです。ブリーチと組み合わせると発色がとても良くなり、ピンポイントに自分の理想のラテカラーを手に入れる事が出来ます。

暗めのラテカラー

暗めラテカラー
暗めのラテカラーは、暗い中でもしっかり透明感を与えてくれます。暖色系が含まれているので暗過ぎず、重さを感じさせない軽やかな色合いに仕上がります。髪の色を落ち着かせたい方や暗めだけど他の人のカラーとは差を出したい方などにおすすめです。

ラテカラーのQ&A

お客様からカウンセリング時にあったラテカラーに関するご質問をご紹介します。

Q.ラテカラーが色落ちするとどうなりますか?

A.色落ちすると元のベースの色に近づきます。基本的にカラーをすると、元々のベースの色に、赤味やオレンジ味といったような色味が出てきます。カラーした明るさよりも明るくなることがほとんどです。

Q.ラテカラーはどんなヘアスタイルに合いますか?

ラテカラー×ショートボブ
A.個人差はありますが、おすすめするヘアスタイルはショートボブです。短くするとスッキリとした大人っぽい印象になるのでその大人っぽさと組み合わせる事で、より優しい雰囲気を作り出せます。

Q.ラテカラーの色持ちを良くするにはどうすれば良いですか?

A.同色のカラーシャンプーがおすすめです。ラテカラーはどちらかというと暖色系なので染めた色味と同色のものを使うと色の持ちも良くなります。カラーシャンプー以外では、アミノ酸系の洗浄力が弱いシャンプーがオススメです。

まとめ

ラテカラー
今回はラテカラーについてご紹介しました。ラテカラーは暖色系なので、暗いベースに染めても、明るいベースに染めても温かさのある優しい色合いになるのがとてもいいですよね。ナチュラルな仕上がりになりますので初めてカラーをする方にもオススメです。また、透明感や抜け感を演出してくれるのも魅力です。ラテカラーで流行りの透明感や抜け感を手にしてみてはいかがでしょうか。この記事を参考にして試してみてください。ご予約、ご相談などお気軽にお待ちしております。

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事