大人可愛いピンクが魅力!ピンク系イルミナカラーおすすめヘアカタログ

イルミナカラーといえば、透明感のある寒色系カラーがとても人気です。特に、外国人風カラーにしたくて赤みを消したい方は多いと思います。そんな赤みを消したい方に人気のイルミナカラーですが、実は暖色系カラーも発色がよく透明感のあるカラーにすることができます。暖色系は暖かみのあるカラーで暗くてもしっかりと色味を伝えられるカラーです。暖色系と言っても赤系からピンク系、ブラウンと様々ですが、今回はその中でもイルミナのピンク系カラーについて紹介していきます。。

イルミナカラーとは

イルミナカラーの透明感
ウエラ イルミナカラー

イルミナカラーについては他の記事でもご紹介していると思いますが、仕上がりのツヤ、透明感、ダメージの軽減を叶えてくれるカラー剤です。髪の毛の赤みの強さ、太さ、硬さといった日本人に多い髪質にしっかりと対応できるように作られています。ダメージを軽減しながらカラーリングができるので、ダメージが気になる方に特におすすめのカラー剤です。最近では新しい色味が増えてきているのでいろんなカラーに幅広く対応することができるようになりました。

ピンク系イルミナカラーの魅力

ピンクラベンダー
イルミナカラー:ピンクラベンダー

寒色系イルミナカラーの魅力については他の記事でもご紹介している通り、何と言っても赤みを抑えた透明感カラーですよね。では反対に暖色系カラーの魅力はなんだと思いますか?今回はピンク系カラーについてご紹介していくので、ピンク系イルミナカラーの魅力について説明します。次のカラーリングの色を決めるときに、この魅力も参考にしてみてはいかがでしょうか?

色持ちがいい

イルミナカラーピンク
イルミナカラー:ピンク

イルミナカラーは髪の毛のダメージを軽減しながらカラーリングすることができるので、その分カラーの色持ちも良くなります。ダメージを軽減して髪の毛の状態を健康に保つことで、キューティクルの隙間から色味が退色していく期間を長くすることができます。また、寒色系であればしっかり削る髪の毛の赤みもピンク系カラーだといかしながらカラーリングすることができるのでもともと髪の毛の赤みを削る力を抑えることで色持ちを良くすることにもつながります。

暗くても柔らかい印象にできる

暗めピンクカラー
暗めピンクカラー

暖色系カラーは暗いトーンでも重たく見えず、柔らかい印象にできます。例えば同じ暗めのトーンで寒色系のアッシュと暖色系のピンクを比べると、暖かい色味のピンクの方が柔らかい印象に感じます。イルミナカラーは発色もよく色味がしっかり伝えられることに加え、透明感を出すことができるので暗くても重たい印象になるのを防ぐことができます。今までアッシュ系のカラーリングをしていた方はピンク系のカラーにすると雰囲気が変わるのでイメージを変えたい方にオススメです。

ツヤを出せる

イルミナカラーツヤ感
艶のある髪に

イルミナカラー=赤みをしっかり消せるというイメージから、イルミナカラー=寒色系カラーという印象が強い方は多いと思います。しかし、イルミナカラーの暖色系の薬剤はしっかりと髪の毛の赤みを生かしながら色味を入れていくことが可能です。赤みを生かしながら色味を入れていくこととダメージを軽減しながらカラーリングができるイルミナカラーは仕上がりによりツヤを出すことができます。髪色かわいいね、と言われるだけでなく髪の毛綺麗だね、と言われる髪の毛を目指せるツヤ感を手に入れたいとは思いませんか?

イルミナカラーでピンクにするには

イルミナカラーチャート
イルミナカラー チャート

では、イルミナカラーでピンク系にするにはどの薬剤を使えばいいでしょうか?イルミナカラーのピンク系はブロッサム、トワイライト、コーラルです。それぞれ6、8、10、12トーンがあります。ピンク系のカラーにするにはこの中の薬剤を使って、お客様の髪の毛の状態をしっかりと見極めて仕上がりの色味にあわせて薬剤を選んでいきます。

ブロッサム

ブロッサム
イルミナカラーブロッサムのイメージ

ブロッサムは、イルミナカラーの中で一番ピンクが強いカラーです。イルミナカラーの中では比較的新しく出たカラーになります。イルミナのチャートでは、トワイライトとコーラルの間の色味でチェリーピンクという名の通り、しっかりとピンクの色味を出してくれるカラー剤です。

トワイライト

トワイライト
イルミナカラートワイライトのイメージ

色味はブロッサムよりも紫が入ったピンクパープルになります。ピンクに紫が入ることで色味を深く見せることができます。深みを出すことで、仕上がりの印象を落ち着かせることができます。深みを出すと、わかりやすく言えば濃く感じます。なので、しっかりトーンダウンしたい方におすすめです。

コーラル

コーラル
イルミナカラーコーラルのイメージ

ブロッサムよりも赤みが多いピンクです。サンゴをイメージして作られた、淡い透き通るような柔らかいピンクにできるのがコーラルピンクです。ブラウンやベージュと相性が良く、オフィスでのお仕事など楽しめる色味が限られている方におすすめです。また、仕上がりの印象をあまり暗くしたくない方にもおすすめです。

おすすめピンク系カラー

オススメピンクカラー
ピンク系カラー3選

イルミナのピンク系カラーについて紹介してきました。ではイルミナカラーでピンク系カラーにしたらどのようになるのか気になってきますよね。ここからは、実際にお店にご来店したお客様の中でブロッサム、トワイライト、コーラルを使ってピンク系カラーにした仕上がりの中から特におすすめのカラーをご紹介します。お店でカウンセリングの際にやりたいイメージを伝える参考にしてみてください。

ピンクラベンダー

イルミナカラーピンク
イルミナカラー:ピンクラベンダー

ブリーチをした髪の毛にオススメのピンクラベンダー。暗めのトーンですが、重たく見えますか?色味はしっかりと入っていますが、ピンク系イルミナカラーの魅力でご紹介したように重たく見えず柔らかい印象にできるというのが伝わると思います。透明感を出しながら色味を楽しむことができるので、ベースが明るくしっかりトーンダウンしたい方におすすめです。

ピンクベージュ

ピンクカラー
イルミナカラー:ピンクベージュ

ピンクにベージュを合わせたピンクベージュは、仕上がりをあまり暗く見せたくない方におすすめなカラーです。ベージュを合わせることで、全体の印象をより柔らかくすることができます。柔らかい印象は子供っぽくなるのを防ぎ、大人かわいいカラーにすることができます。また、ピンク系カラーが初めてという方はベージュと合わせることで肌に馴染みやすいので挑戦しやすいのではないでしょうか?

ピンクブラウン

ピンクカラー
イルミナカラー:ピンクブラウン

ほんのりと自然なピンクにしたい方には、ピンクブラウンがおすすめです。ピンクとブラウンは暖色系どうしでとても相性が良く、あまり強くピンクっぽさは出さずに髪の毛の赤みを生かしながらカラーリングすることができます。仕上がりの明るさも明るすぎず暗すぎないので、カラーをしてすぐと退色後の色味の差をあまり気にすることなく楽しむことができます。

ピンク系イルミナカラーのQ&A

ここからは実際にご来店されたお客様からの質問を解答と一緒にご紹介します。どんなピンク系カラーがやりたいのか決まっても実際に自分の髪の毛の状態から一度でできるのだろうか?どうすればいいのだろうか?お店にご来店する前に少しでもお悩みを解決する参考までにご覧ください。

Q.しっかりとピンクにしたい場合はブリーチが必要ですか?

A.基本的にはブリーチをした方がしっかりとピンクの色味を出すことができます。しかし、ご希望の仕上がりのピンクの明るさ、色味、そしてベースの髪の毛の状態によってはブリーチをしなくてもピンクの色味を出すことができます。特に暗めのピンクにしたい場合だと、カラーリングを繰り返してベースが明るい場合や髪質が細い髪の毛であればブリーチをしなくてもトーンの暗い濃い薬剤でカラーリングすることでしっかりとピンクの色味を出すことができます。ただ、鮮やかさや明るさを求めるのであればブリーチが必要になってきます。今の自分の髪の毛の状態からやりたいピンクカラーにするにはブリーチが必要かどうか、担当の美容師さんとよく相談することが大切です。

Q.黒染めをしている髪の毛でもピンクにすることはできますか?

A.綺麗にカラーリングをしたいのであれば、一度黒染め脱染をすることをお勧めします。これはピンク系カラーに限らず黒染めをした後に普通にカラーリングをしたい場合に共通します。特に、別の美容院で黒染めをされている場合どんな薬剤を使ったのかわからない状態です。その上からカラーリングをしてしまうと仕上がりにムラが発生してしまう可能性が大きくあります。また、色味の濃い黒染めの上から別のカラー剤でうち消すことはとても難しいです。上から色を入れても黒染めの染料のパワーが強いため仕上がりがカラーリング前と変わらなかったり、伸びてきている根元だけが染まってしまうということが起こります。上からカラーリングのお薬を塗ること自体は可能ですが、もし黒染めをしているのであれば一度黒染め脱線をしてからカラーリングをすることで綺麗にピンク系カラーにすることができます。その前に、髪の毛を黒くしないといけないという方は、黒染めをせずに髪の毛を暗くすることが可能です。暗くしないといけないけどまた明るくもしたい、という方は黒染めをしてしまう前に是非一度私たちにご相談ください。

まとめ

イルミナカラーピンクパープル
イルミナカラー:ピンクパープル

イルミナのピンク系カラーについてご紹介しました。同じピンクカラーでも、組み合わせる色味や明るさが変わると印象も変わってきます。また、今まで赤みを消すカラーリングをしてきた方はあえて赤みをいかすカラーリングをしてみるのはいかがでしょうか?寒色系カラーが多い方、いつもと少し変わったピンク系カラーに挑戦してみたい方は是非ご相談ください。イルミナのピンク系カラーで大人可愛いスタイルを作りませんか?

関連記事:イルミナカラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事