黒髪ならアッシュブラック系ヘアカラーで透明感を出そう

黒髪はこれからの季節は重く見えるから絶対イヤ!という方にオススメなのがアッシュブラック!明るいヘアカラーよりは黒髪が好きなんだけど黒髪は重たく見えて地味な雰囲気になるから嫌だなっていう方におすすめなのがアッシュブラックです。特に就活や研修で髪色を暗めにしないといけないけど終わったらまた元に戻す時もアッシュブラックなら黒染めではないので自然に明るく戻すことができます。アッシュブラックなら重すぎず柔らかい髪色を出すことができますよ♡今回は、アッシュブラックについてまとめてみたので参考にしてください

脱黒髪=重たいヘアスタイル

トレンドカラーはアッシュブラックです。髪色も落ち着かせて暗めにしたい人は多いはずです。しかし、真っ黒にされるのはいや。暗くしたいけど透明感のある暗さを求めている人は多いはずです。黒髪は重たいイメージになりがちだし、一歩間違えると黒染めをされたり、、、 まだそんなこと思っているアナタに必見の記事です。 真っ黒の黒髪にしなくてもアッシュブラックなら艶髪と透明感が出るアッシュが手に入ること間違いなしです。

ダークアッシュで黒髪美人に

黒髪とアッシュは色々な呼び方があります。 ダークアッシュ、アッシュグレー、アッシュブラックやブラックアッシュなどです。今回は、黒髪×アッシュの気になるアッシュ系の色落ちやヘアスタイルを紹介します。

アッシュブラックって何色?


アッシュブラックは黒髪と何が違うの?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか? 髪色は青い灰色の事を指します。灰色といえば、グレイを連想しますが灰色のグレイは、無彩色なのでヘアカラーのグレイは灰色になります。ヘアカラーのアッシュブラック系は、濃い青色から青紫です。アッシュブラックにするにはまずブリーチをして 黄色~オレンジ味のブラウンにし、これらの色を打ち消 すには(髪の色を無彩色にするために)、捕色である青~青紫 が必要であるからです。
アッシュブラック系で染めた髪は色が抜けたらグレイになります。落ち着いた透明感のある印象や洗練された都会的なイメージを出すことができます。

黒髪のアッシュはブリーチなしで

通常アッシュ系のヘアカラーは、外国人のようなくすみを出すためにまず初めにブリーチをすることがあります。しかし、ブリーチは髪に負担が大きくパーマをかけたい方や年齢によってはブリーチをしたくない人もいます。 アッシュブラックは、暗めアッシュをベースにしたヘアカラーなのでブリーチなしでも大丈夫です。 ブリーチをすれば色落ちの時にアッシュのくすみや透明感がさらにプラスされます。しかし、 ブリーチなしでアッシュブラックになる髪色なので安心して下さいね。

色落ちが可愛い

アッシュブラックは魅力は色落ちが気にならないことです。 もともとアッシュブラックはトーンが暗めなので明るめのヘアカラーと比べても色落ちも遅めで抜けていくカラーリングも楽しめるのが楽しみ方です。 髪色が地毛に近い5トーンから7トーンまでは根元のプリンが目立たないので、頻繁にヘアカラーをしなくていいし、根元が伸びても恥ずかしいなんてなる心配もありません。
色落ちも楽しめるヘアカラーです。 セルフカラーで黒染めやブリーチをした方は、アッシュブラックのような透明感は手に入らないので注意してくださいね。

レベル別アッシュブラック


1~20レベル

1〜3レベル


この黒さは、人工的に作られた黒さです。主に使用する場合は、面接や髪の毛を明るくしてしまい会社から黒染めをするように強要されたときに使用する黒染めレベルです。カラーリングの黒さからも違和感のある黒です。お人形さんみたいな黒髪や黒染めを失敗したときに感じる違和感のあるレベルです。このレベルの黒さは通常美容室ではほぼご要望がなければ使用しません。セルフカラーで真っ黒を選んだときに地肌についたら沈着する黒さです。

4〜7レベル


自然にまたは少し明るくしたい場合はこのレベルの明るさがおすすめです。色味は感じにくく見えにくいのが特徴です。つまりアッシュにしても色味は感じにくくアッシュの色味は見えにくいレベルです。日本人の髪質によっては赤みが出やすい髪質でもあります。4~7レベルの黒髪は、暗髪と言います。よくこのく暗髪のレベルをダークトーンと言いますが1〜3レベルのブラックトーンのように色を感じないレベルではなく、色を感じるダークなトーンという表現をします。自然な印象を感じやすい比較的カラーリングをしたいけど、ナチュラルな印象にしたいときに非常にオーダーの多い明るさになります。

8〜10レベル


この辺からはブリーチが必要な明るさになります。自分の希望する色味が1番感じられる明るさのレベルです。日本人に1番に合う髪の明るさは8レベルとも言われるほど、8レベルは魅力的な髪のレベルでもあります。

11〜13レベル


よく聞く金髪やギャルみたいな明るさを連想する代表的な明るさです。ブリーチは必須です。この11〜13レベルです。ハイトーンと呼ばれる言い方もします。この明るさの領域にするにはブリーチを数回繰り返して明るくするため髪への負担も大きくなる明るさです

アッシュブラック5レベル


暗髪アッシュカラー
5マットグリーン+5プラチナグレーです。日本人の自然な黒髪に近い色が5レベルになります。灰色がかったグレイッシュにくすんでいるアッシュカラーです。マット系カラーとグレイ系カラーをミックスすることでよりブリーチなしで透け感のあるカラーリングができます。
日本人の自然な髪色に近い5レベルのアッシュ系カラーです。暗髪カラーとしても青があるブルージュよりは暗くなり過ぎず、くすみはないですがグレーとマットの調合によりコントロールすることが可能ですので暗髪カラーはブルーサファイアとマットグリーン この二つで透明感を出したい方はマットカラー、
くすみをだして強めなカラーにしたい方はブリーチなしでできるサファイアブルーがオススメです。

アッシュブラック6レベル


ブリーチなし5レベルダークネイビーアッシュ
ブリーチなし5レベルダークネイビーアッシュです。グレーとサファイアを1:1の比率で青ベースにくすませつつグレージュで彩度を落としてモードな質感にしています。一見、暗く見えるデザインですが青っぽいようなグレーっぽいようなネイビーカラーは割とどんな人でも似合うデザインで秋冬の季節にはとくにオススメですね。ブリーチを使わなくてもこのくらいまでならグレーにできるカラーリングです。過去にブリーチで明るくしている方はもう少しくすんだカラーリングになります。

6ネイビー+5ブルー+6グレー

アッシュブラック7レベル


ブリーチなし7レベルネイビーアッシュ
ブリーチなし7レベルネイビーアッシュです。カラーのレシピは、7ネイビー+7プラチナグレーです。ベース色とハイライトのコントラストにメリハリをつけた王道の外国人風スタイルです。今は暗髪と呼ばれるスタイルがトレンドですがネイビーとブルーサファイアの調合でネイビーカラーや暗髪デザインが変えられます。
グレーよりにするのか? ブルージュよりにするのか? その人に似合う色で合わせていくとよりステキなデザインに変わっていきますよ


ブリーチなしのグレー
ブリーチなしでつくるグラデーションカラーグレーパールアッシュ根元〜中間 7.5トーン毛先 10トーン日本人の肌に似合うグレージュデザインです。先程はネイビーやサファイアなどのくすみがあるスタイルのご紹介でしたがこのスタイルはマットとブラウンとグレーでできるスタイルです。
マットはサファイアと比べて濁りがなく透明感をすごく出せるスタイルなのでくすみすぎるのが嫌な人にはオススメです。毛先にいくにつれてナチュラルなグラデーションに仕上げ+ブリーチハイライトを加えているので外国風カラーを挑戦してみたい初心者の方にはオススメなスタイルです。もちろんブリーチを使わなくてもできるからですが、より写真のようなカラーを目指す時はブリーチでハイライトを入れてもとても綺麗な髪色になります。

アッシュブラック13レベル


ブリーチ有 外国人風ハイライトカラー
・ベージュグレー+プラチナグレーです。ここまでくると一度全体ブリーチが必須なカラーになります。金金に抜けてる状態から7トーンの中明度のグレーとベージュを加えた柔らかいスタイルです。その上から更にブリーチハイライトを加えるのでトリプルカラーで施術時間は長くなりますがブラウンからの状態でも一気にハイトーンカラーに変身できます。

アッシュブラック15レベル


ホワイトシルバー グラデーションカラー
明度差をはっきりだしたグラデーションカラー根元〜中間は5トーン
毛先は15トーン明度差をつけることによりメリハリができて強めな印象になります。毛先の部分はブリーチで黄色白まで抜いたあと13トーンのホワイトグレーをのせてできるのでデザインに迷ったら最初はグラデーションカラーも有りです。

アッシュブラック17レベル


ブリーチ有 ホワイトシルバー
一度全体ブリーチを加えてつくるデザインです。
全体を黄色白まで抜くまで相当長い時間ブリーチをして作ります。
ブリーチにより出てくる余分な黄色をラベンダーシルバーで削ることでこのようなシルバーカラーができます。
このようなホワイト系のシルバーは色抜けが早いので黄色を消すのにムラシャンなどを使用すると
長持ちします。

アッシュブラック系ヘアカラーカタログ

黒髪アッシュブラックは色持ちを楽しむ


黒髪アッシュブラックは色持ちを楽しむ
アッシュブラックの楽しみ方はまずは、暗くして自然に明るくなる時の退色が楽しめるカラーです。光の屈折でブリーチなしでグレーに見えるので黒髪にするのではなくて透明感のある暗めの柔らかい雰囲気を楽しむことができます。

ブリーチなしでできる黒髪はアッシュブラック


ブリーチなしでできる黒髪はアッシュブラック

アッシュブラックは色落ちしたらグレーベージュになる


アッシュブラックは色落ちしたらグレーベージュになる

アッシュブラックは黒髪ではない


アッシュブラックは黒髪ではない
髪色を明るくするのはもう飽きた!だけど、真っ黒な地毛にはしたくない!黒髪も絶対いや。そんな方におすすめなのがアッシュブラックというトレンドのヘアカラー

外ハネも可愛いくなれるアッシュブラック


外ハネも可愛いくなれるアッシュブラック
黒髪には憧れるけど、黒髪は重くなるのでいやです。そんな人でもこの仕上がりは絶対に体験しないとわからないカラーです。

 

参考サイト https://jelly-media.jp/posts/1015

 

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事