オシャレカラーの外国人風カラーにしよう

皆さんは外国人風カラーをしたことはありますか?話題の外国人風カラーで一皮むけたカラーにしましょう。

外国人風カラーってどんなカラーなの?

外国人風カラー
最近SNSやヘアカタログでオススメされている外国人風カラーですが、何色でどんなカラーなのでしょうか。外国人風カラーというのは色の名称ではなく、透明感のあるカラーやハイライトやグラデーションというようなカラーのことをいいます。外国人風カラーは基本的には赤味のないカラーです。日本人の地毛は黒髪が多く、トーンを明るくしたり色を抜いたりするとどうしてもオレンジ色になったり赤みが残ったりしてしまいます。この赤みをしっかりと抑えてあげることで外国人のような赤みのないカラーにできます。

外国人風カラーになりやすい色

外国人風カラー
外国人風カラーは赤みがない色味になりますので、赤みを消してくれるアッシュ系やオリーブ系は外国人風カラーになりやすいです。赤みを消すことに集中してしまうとどうしてもトーンを下げなければならないので暗くなってしまいます。しかし、トーンも残しつつ赤みを取りたいというお客様のご要望もよく聞きます。そんな時はアディクシーカラーや、イルミナカラーなどブラウンが入っていないカラー剤でカラーをするとトーンを保ちつつ赤みを抑えた外国人風カラーにできます。

ブリーチをしないとできないの?

外国人風カラー ブリーチ
結論から言うとブリーチをしなくても大丈夫です。しかし、トーンを明るくしたい、色味も出したい、もっと赤みを消したい、というような意見をお持ちのお客様はブリーチをしないと表現できません。ブリーチをすると必然的に赤みを消してくれますので、それだけで外国人風カラーに近づけることができます。そのあとは赤みを抑えてくれるお好きなカラーを入れることによって、色味を入れつつ外国人風カラーに仕上げてくれます。トーンを上げた外国人風カラーにしたい人はブリーチが必要です。

オススメの外国人風カラー3選

おすすめの外国人風カラーをまとめてみましたのでご覧ください。

カーキーベージュ

カーキベージュ
アディクシーカラーを使ったカーキーベージュです。アディクシーカラーはブラウンが入っていないので明るくする時にも赤くなりにくく、外国人風を演出してくれる色味です。ベージュ感が柔らかさも出してくれる人気の外国人風カラーです。

ブリーチありのブルージュ

ブルージュ
こちらもアディクシーカラーのサファイアのブルーをうまく配合して作った極上のブルージュです。極限まで青色を入れることにより赤みをしっかりと抑えて外国人風カラーにしてくれます。一つ注意点としてはブリーチで白色に近づけ過ぎると真っ青になってしまうのでカウンセリング時はしっかり相談しましょうね。

ダークブルー

ダークブルー
こちらはイルミナカラーのオーシャンを使ったカラーです。ブリーチはしておらず、色落ちで明るくなっている髪の毛にオーシャンの6トーンを入れて赤みをしっかりと抑えています。オフィスカラーやトーン制限がある方にはおすすめのカラーです。

まとめ

外国人風カラー
外国人風カラーは日本人があまり好まない赤みを消した色味になります。暖色系の色味でなければ基本何色でも外国人風カラーを目指せるのですが、やはりアッシュ系かオリーブ系にした方が無難だと思います。アッシュ系やオリーブ系はブリーチしなくても外国人風カラーをできる可能性が高いのでオススメです。外国人風カラーはカウンセリングでしっかりと意思疎通することによって自分のやりたい髪の色にできるので、写真やしっかりとイメージを持って理想の髪色にしましょう。ご予約、ご相談などお気軽にお待ちしております。

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事