ブルージュとグレージュの違いって何?

透明感のある外国人風カラーで人気のグレージュカラーとブルージュカラーの違いを実際のお客様のヘアカタログで染めたてから色落ちまでプロの美容師が徹底解説させていただきます。

グレージュとは

グレージュ
グレージュは灰色のグレーと赤みのないベージュが合わさったカラーです。アッシュ系のベージュカラーの中では一番人気のカラーです。グレージュカラーは髪の毛の赤みやオレンジみを落ち着かせて透明感のあるカラーにしてくれます。グレーカラーももちろんオーダーされる方もいますが、グレー感が強すぎるとお肌が血色が悪く見えてしまいます。グレージュはベージュの柔らかい透明感がプラスされているため、お肌もキレイに見せてくれます。日本人の髪質は硬めなので柔らかい質感を出せるグレージュはとても魅力的です。

ブルージュとは

ブルージュ
ブルージュは青みのカラーのブルーと赤みのないベージュを混ぜたカラーです。柔らかい透明感を持つベージュと赤みやオレンジ味をしっかり打ち消してくれる透明感のあるブルーが合わさることで新たなアッシュカラーを楽しむことができます。日本人の髪の強い赤みやオレンジみを消してくれるだけでなく、青みを感じられるカラーになるので、外国人のような透明感カラーを体感できます。グレージュからーと同じように柔らかい透明感のベージュと合わさるのでクールになりすぎないカラーです。髪の毛だけでなくお肌も透明感のあるように見せてくれるのが女性には嬉しいポイントです。

グレージュとブルージュの違い

お客様で実際にグレージュとブルージュに染めた方がいますので写真で違いを見てみましょう。

ブリーチなしグレージュとブルージュ

ブリーチなしで染めたグレージュとブルージュで比較してみましょう。
ますはグレージュに染めたお客様です。
ブリーチなしグレージュ
左がご来店時で右が仕上がりの画像です。オレンジみの強かった髪色もグレージュで染めると優しい透明感のあるアッシュカラーになりました。アッシュでありながら柔らかい透明感がとてもキレイですね。
続いてブルージュに染めたお客様です。
ブリーチなしブルージュ
左がご来店時で右が仕上がりの画像です。赤みっぽい髪の毛もしっかり抑えられて透明感の中に青みが感じられます。暗めの仕上がりだからこそブリーチなしでもキレイに色味まで感じることができます。
最後に仕上がりのグレージュとブルージュを比較してみましょう。
グレージュとブルージュ比較
左がグレージュで、右がブルージュです。どちらも暗めのトーンの仕上がりですが、気になる赤みはどちらもしっかり抑えられていて透明感のあるカラーになっています。グレージュの方が色味は無彩色に近いのでベージュの柔らかい透明感を感じられます。ブルージュはブリーチなしでもほんのり青みが感じられます。カラーすると出てしまう茶色が気になる方にはブルージュがオススメです。

ブリーチありグレージュとブルージュ

ブリーチベースのカラーはどのように違うのでしょうか。こちらも比較してみましょう。
まずはグレージュに染めたお客様です。
ブリーチありグレージュ
左がご来店時で右が仕上がりの画像です。1回ブリーチしているお客様です。赤みが気になるけどアッシュすぎる透明感は避けたいとのことでグレージュに染めました。重たく見える髪の毛もふんわり柔らかいく見せてくれます。色落ちも赤みを出したくない方にはブリーチをオススメしています。
続いてはブルージュに染めたお客様です。
ブリーチありブルージュ
左がご来店時で右が仕上がりの画像です。こちらもブリーチ1回の髪の毛に染めています。赤みも強く出ていましたが、ツヤと透明感のある仕上がりです。もちろん青みもしっかり出ています。少しでも長くカラーを持たせたい方は暗めのブルージュで染めることをおすすめします。
ではグレージュとブルージュを比較してみましょう。
グレージュ ブルージュ比較
左がグレージュで右がブルージュです。グレージュの方が少し明るい仕上がりになっていますが、ベージュに少しグレーが乗ってふんわりとした雰囲気です。ブルージュは色が濃くはっきりしているので青みが分かります。ツヤ感も透明感もどちらも出ていますので仕上がりの色の濃さや雰囲気の好きな方でカラーをお選びいただくのがいいと思いますよ。

色落ち後のカラー比較

グレージュとブルージュの色落ちはどうなっていくのでしょうか。こちらも写真で見ていきましょう。
グレージュとブルージュの色落ち
まずはブリーチなしのグレージュとブルージュの色落ちの比較です。左がグレージュで右がブルージュの色落ちです。ブリーチなしのカラーの場合は1か月から1か月半の色持ちです。色落ちしてしまうと色の差が分かりづらいですが、グレージュの方が明るく赤みが出ているようにみえます。アミノ酸系の洗浄力の弱いシャンプーを使っていただくと色持ちが良くなりますよ。
グレージュとブルージュの色落ち
続いてはブリーチベースのグレージュとブルージュの色落ちです。同じく左がグレージュで右がブルージュです。ブルージュの方が少しくすみ感が残っているようにみえます。ブリーチ毛の場合は色持ちは2週間ほどです。シャンプーするたびに色は落ちてしまうので紫シャンプーなどのカラーシャンプーを使っていただくことをオススメしております。

グレージュとブルージュについてQ&A

グレージュカラーとブルージュカラーについてお客様よりご質問いただきましたので、回答とともにご紹介します。
グレージュ ブルージュのQ&A

Q.ショートヘアに似合うのはどちらでしょうか?

A.ショートヘアにはこの色が合うというのはあまりなく、お客様がどちらの色が似合うかになると思います。カラーによって印象も変わるのでふんわりとした印象にしたいならグレージュで、赤みのないクールな印象にしたいならブルージュがオススメです。

Q.ブリーチは必要ですか?

A.暗めのお色ならブリーチなしでも染めることができます。明るめやはっきり色味を出したい場合はブリーチをオススメします。

Q.どうしたらグレージュやブルージュに染められますか?

A.まずはカウンセリングでその旨をお伝えください。カラーのメニューもいろいろありますが、カラーメニューを選んでいただいていればカウンセリング時にメニュー変更することも可能です。理想の髪色の画像などをお持ちいただくとよりスムーズにカウンセリングさせていただくことができます。

Q.男性でもグレージュやブルージュにできますか?

A.お客様のお写真は女性の方ですが男性でも大丈夫です。赤みのない透明感は女性だけでなく男性にも人気です。

Q.ブリーチなしでグラデージョンカラーにできますか?

A.グラデーションカラーは基本的にブリーチをしてから染めていくカラーです。ブリーチをしていればグレージュでもブルージュでもきれいに染まるので外国人風カラーを楽しめますよ。

最後に

グレージュとブルージュ
グレージュからーとブルージュカラーの違いについてご紹介させていただきました。どちらも赤みのないアッシュ系のベージュカラーとして人気の色味になります。どちらのカラーが自分に似合うかどちらのカラーの雰囲気が合っているか、理想と近いかを考えていただいたり、ご相談していただくと納得のカラーが手に入れられると思います。外国人風カラーとも言われるように、デザインカラーにもとても合うカラーですので、一味違うカラーにしたい方にはオススメです。

関連記事:カラー記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事