いつもブログを見ていただきありがとうございます。

10/20 TBS  『林先生が驚く初耳学』の放送がありました。
候補生 3人がヘアチェンジをしました。
その中で担当させていただいた 門田玲さん 〈REI KADOTA〉のヘアチェンジについて
その時思ったことを書いていきます。
撮影当日は、いつもの様にサロンは営業中でした。
事前にモデルさんのカットについての打診は受けていましたが、5日前くらいでしたので予約の都合上貸し切りにはできませんでした。
門田さんのカットについて事前に出されていたテーマは『ボブ』です。
あとは、お任せ。
モデルさんの情報は、写真だけでした。
それまでのパリコレ学の放送を見直して
動いている門田さんを見ることで、ヘアチェンジした門田さんが歩いているイメージを作って
似合う長さの設定を決めます。
実際は、当日鏡の前に座ってもらって決めるわけですが
あらかじめイメージは作っておきます。
モデルさんはサロンに来た時に、初めて今日のヘアカットについて説明を受けます。
ヘアスタイルを変える提案を受けるか断るか?は、この時点では彼女次第です。
門田さんの初対面の印象は、幼さがあるのにスッキリしていてクール。
あどけなさと透明感があって、オーラがありました。
まだ年齢は若いですが、肝が座ってるというか強さがありました。
実際ロングヘアをバッサリ切るのは本人も初めての様で若干躊躇してましたが、
すぐに、覚悟を決めて新しいことに挑戦するような表情で『はい!お願いします!』と気持ちよく返事してくれました。
テーマの『ボブ』に対して

[あどけなさの残る印象を活かして、透明感とイノセント感が魅力のボブスタイルをイメージして、彼女の持つ自分らしさを生かし、彼女の人生を一歩進めるデザインを強く打ち出す]

というストーリーを追加しました。

彼女の首のながさと肩幅のバランス。

顔の骨格と目の位置から

「あご下4センチのボブがベスト」と見えました。

彼女の気持ちとリンクして、一発でまっすぐハサミを入れました。

変に老け込まないように、ゆるやかな前下がりのボブにしました。

実際のスタジオ撮影はまだ見てないので、カラーコンポジットの仕上がりはわかりませんが、

彼女の強さを生かした素敵な写真になっていると思います。

次週の放送も楽しみです。

Hair salon PAPERS
神宮前 3-15-4 J-hill side 2F
ご予約はこちらから

03-5411-3154

PAPERSの最新情報更新中
PAPERS ホームページ