【小顔になる前髪の分け目とは】前髪の分け目で印象はこんなに変わるもの!?

人が与える印象を決める上で前髪の分け目ってとっても大切ですよね。どんな雰囲気になりたいのか?前髪で小顔に見せるためのポイント、一番綺麗に見えてバランスの良い前髪の分け目について今回はご紹介させていただきます。

あなたの分け目は右派、左派?どちらですか?

今回は
前髪の「分け目」についてです。

前髪の印象で全体の8割は決まる
そして、第1印象は前髪で決まる!

人がその人を見て感じた初めの印象でそこからずーっと消えないそうです。
しかも第一印象はその初めの一回きり!
その第一印象で7〜8割の印象は決まります。

前髪が少し違和感があるだけで
あなたの印象がいまいちになってしまう可能性があるのです!
そこで、沢山前髪にも種類はありますが
今回は分け目の左右の印象の違いについてご紹介します!

前髪を分ける方向の目安

分け目でここまで印象は変わります。

あなたの顔にあった分け目に設定することがかなり小顔に見せることができます。

分け目がある方が必然的に目線をもっていかれるため
自分の目の大きい方を分け目にするのが基本です!

または、右と左で自分の顔が写真で可愛く映る方向ですね!

 

なんで前髪で小顔に見えるのか?

分けた髪の毛の起点の毛が眉頭を通過するようなCカールの前髪にしてあげると

目に陰ができずに明るい印象にできるのでおすすめです⭐︎
どちらも同じ場合は分け目側に目線が集中するので、

ほくろやシミなどが少ない方を分け目にする事がオススメです!

そして目尻は2mm開けてあげる。もしくは薄めの前髪にして抜け感をだしてあげるのがおすすめです。

 

理想的な前髪の分け目の作り方

分ける位置は基本は黒目の外側!ここが一番理想的でバランスがよく小顔に見せる事ができます。

人によって分け目もしっかり分けた方がいいのか甘くナチュラルに流すくらいの方がいいのかはその人の顔立ちとなりたいイメージによって調整するのがおすすめです。

 


ここが一番バランスがよく、黄金バランスにすることができます!
長めの前髪、流す前髪、沢山ありますが、基本的には全て黒目の外側から流すことでバランスよく見せることができます!

また、分け目は目立たないように乾かす時は、一度全てまっすぐ前方向に乾かしてから毛先掛けカールをつけるようにしましょう。

 

自分で前髪カットをするときの失敗しないポイント

 

前髪をもし自分でカットするときは黒目の内だけをカットするのにが失敗が少ないですが、それ以上に広くカットしてしまうと失敗しやすく美容師でも直すのが困難になってしまうので自分で切ってもいいのは黒目の内側だけです!

実は、前髪と言われる部分は一般的には黒目の内側だけなんです。

 

だいたい、頭の一番高い位置と生え際の半分よりもちょっと生え際側の起点から黒目の外側までの三角ベースが前髪と言われる箇所です。

濡れていると狭く感じますが、乾かすと目尻まで広がるのでここまででしたら、自分でカットする事ができます。

濡れている時は失敗しやすいので乾いているときに切りましょう。

 

前髪は、なりたいイメージで左右分け目を変える

実は、前髪は分ける方向によって印象を変えることができます。

どんな雰囲気になりたいとか、その日、その場所の雰囲気に合わせて分ける方向を変えるのもおすすめです。

それでは分け目の与える印象についてご紹介させていただきますね♫

 

前髪右分けの印象


女性らしい
大人っぽいというよりは女の子っぽい
可愛らしい
フェミニン
天然な子はこちらをおすすめ

なので可愛く女性らしく見せたい方、童顔で幼く見られがちな方は右で分けてあげた方が全体の雰囲気が統一されて違和感が出にくいです!

または、誰かを引きたてるためにあえて自分はサポート側に回るときもあえて分け目を右にする事もあります。

女性らしい印象にする事ができるんです。

 

前髪左分けの印象

カジュアル
知的
大人
かっこいい
綺麗め
強い

ゆるめの巻き髪カジュアルな服装の時なんかは左の分け目がおすすめです。また、ストレートでカッコよく決めたい時にもおすすめ!

できる女性らしく、会社のプレゼンや取引など仕事においてプラスに見せたいときは左で分けてあげることがおすすめです!

その日の見せたい自分の印象に合わせて、分け目を変えるのがおすすめです。

 

いかがでしょうか?

意外と左右の分け目で印象ってある程度コントロールする事ができるんです。

その時なりたい自分に合わせたり、メイクに合わせて分け目の方向を変える事でよりなりたい雰囲気に違和感なく印象をコントロールする事ができます。

はじめに言いましたが、前髪が与える相手への印象は本当に大きいです。
左右で印象ってこんなにも違うんです!
自分がその日、その時、相手にどういう印象を与えたいかで分け目を変えてあげると凄く効果的なんです。
なので、ご自身のもっている雰囲気や印象を最大限に活かせるような前髪にしてあげる事が大切です!

ですが、分け目をいつも同じ位置で分けていると根元に跡がついてしまい、そこから髪の毛が薄くなったりしてしまうので半年〜1年に一回は変えてあげる事が大切です。

 

なりたいイメージ別の前髪の選び方

前髪の分け目の印象についてわかったら、あとは【どこに】【誰と】出かけるのかをイメージして分け目を変えるのがオススメ。分け目だけでなく、前髪の厚みや毛先の質感によってどんなイメージになるのかを見ていきましょう。是非参考にして前髪カットを頼む時に使ってみてください。

 

右分け厚め前髪で男子のウケ抜群流し前髪

右分けにした長めの斜めバングは、ショートヘアをかわいいフェミニンな印象に。大人っぽさと可愛らしさを両立した人気の髪型です。

 

左流しショートバングで活発的で元気なイメージに大変身

左側は知的なインスを与えやすいのが特徴です。ショートバングで可愛らしさをだしつつも、左に視線を集めることでかわいくなりすぎることなく誰でも似合いやすいショートバングにすることができます。

薄めシースルーバングでラフな抜け感愛され前髪

前髪を作ると子供っぽくなりそうと不安な方は前髪の量を少なめにするのがポイントです。すると前髪を作っても幼くなりすぎず印象の良い女性らしい雰囲気になります。

隙間を作った左流しはちょっと好きのある女性らしさを演出

ふんわり根元からのボリュームを出した左分けの前髪。前髪に隙間を作るようにカットすることでどことなく今っぽい抜け感のある仕上がりにすることができます。

束っぽいフリンジバングは乱れにくくカジュアルな服装との相性抜群

いつもまっすぐ下ろしている人でも厚めでボリュームのある前髪はちょっと古いかも。今っぽい下ろし前髪は束っぽく隙間をつくるのがポイントです。

大人可愛い斜め前髪

大人っぽく上品な印象にするためにはツヤを出しつつ扱いやすい前髪にするのがおすすめです。

 

薄め流し前髪で透け感流し前髪

眉毛ラインでカットすることでちょっとかわいらしいく若々しい印象の流し前髪にすることができるのでおすすめです。

深め奥行きバングで立体感のある小顔前髪

前髪が薄くなりやすい人でもトップから深めに前髪を持ってくることでおでこに丸みがあるように見せることができるので扱いやすい前髪にすることができます。

 

ふんわりお姉さん風上品な大人流し前髪で色気のある女性らしさを

色気のある上品な雰囲気の前髪にしたい方は長さを目の長さでカットして毛先は先細りにするのがおすすめです。

 

おでこが狭くても前髪パーマで流して丸みのある前髪に

 

ご来店する前に、わからない事や心配な事がある方は是非一度、来店する前にご相談くださいね♫

僕のパーマはダメージがほとんどない特殊なお薬と特殊な方法で行っていますので パーマをかけたい方は是非ご相談ください。

関連記事:前髪記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事