ボブの毛先がはねるときの直し方(まとめ)

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

はねやすいボブとは?

ボブの有名人といえば、水原希子さんのような肩上で揃っているヘアスタイルが有名ですね。ボブは幅広い年齢層の方に好まれており、前下がりのボブは顔周りを隠してくれて小顔に見せてくれる髪型です。パーマをかければワンカールのゆるふわでフェミニンな印象になります。しかし、肩につく長さや伸ばしかけのボブではセットしないと毛先がはねるというデメリットがあるヘアスタイルでもあります。

 

ワンレンボブ

髪の表面の長さとみつえりの長さが同じスタイルのことです。ストレートで段が入っていないスタイルのため毛先がはねにくいスタイルですが、肩につく長さではエグセが強い人ははねやすいのが特徴です。ストレートのワンレンボブはクールで知的な印象が強い大人っぽいスタイルです。前髪も横の長さにする女性が多い髪型です。

 

ゆるふわボブ

毛先はゆるくデジタルパーマやヘアアイロンで巻いていて優しい柔らかな印象にすることで飽きやすいボブのヘアスタイルに変化をつけることができます。

 

ショートボブ

ボブの中でははねにくいヘアスタイルです。ボブからショートにするには少し勇気がいりますが、ショートとボブのあいだの長さです。ショートボブは肩につかないヘアスタイルですが、美容師の技術次第ではねてしまうこともあります。

 

ボブの毛先がはねる時の対処方法

はねる方法の直し方はパーマがおすすめです。

お客様の悩み

毛先がはねる時の対処方法 ボブ〜ミディアム編をご紹介します。毛先がはねるスタイルはボブ〜ミディアムの長さに変化する際に悩む現象の1つです。内巻きに入れたい髪の毛も肩にかかる髪の毛で大きく影響されてしまいます。どうしても片方だけ髪の毛がはねてしまう! はねている髪の毛が直らない! 実際に写真で見て行きましょう

 

右側だけ髪がはねていませんか?

ボブやミディアムなど片方だけ髪がはねる原因は肩につくことや毛の流れにあります。1つは、髪の毛の生えグセにあります。髪の毛にはつむじがある右から左にウネリがあります。そのため右側が跳ねやすいです。2つめは肩につくことで首から前が内巻きには入らないで外にはねるのです。3つ目は生えグセではねることがあります。首に近い髪の毛は、生えグセが強く、右の髪の毛は、後ろに流れやすいのが特徴です。
いろいろな説がありますが、基本は時計回りにつむじが流れています。

そのため、左は内巻きに入りやすく、右は毛の流れに沿うので後ろに向かって下流れが起こります。髪全体が右側へ流れてしまうので、右側の耳後ろの髪ははねやすくなるのです。

 

パーマも右側だけかかりにくくとれやすい

髪がはねる原因について書きましたが、実はパーマも右側が取れて跳ねやすくなります。理由は、右側はつむじの関係上、後ろに向かって毛流れがあるからです。

 

右側がはねるということは、癖だけでなく、その人の髪質や毛の流れも関係しています。

 

毛先がはねる人のBEFORE

過去に他店でスカスカになり、こうしてまた担当させていただくことができました。ここまで綺麗に伸ばすのには約1年半かかりました。根本中間部分はブローをしていない状態でもかなり綺麗ですね。しかし毛先の毛量調整のバランスがいいと、この後ろ姿のようにかなりはねてます。そう、しょうがないのです。肩にかかる髪の毛で毛先がはねやすい状態になるのです。

 

ボブの毛先がはねる原因

毛先がはねる原因はたくさんあります。それは先天的な要因や後天的な要因様々ですが原因を知ることで直し方が変わります。

 

はえグセが強い

 

毛量調整からの失敗

髪の毛に大きなウネリがある時は、根元から毛量調節をすると必ず毛先がはねます。毛量調整をお願いする時には、今『自分の髪が重いか重たくないか?』『毛が絡むか絡まないか』で髪の毛量をすく、すかないを決めてあげることが重要です。

 

肩にあたるためはねる

ボブから伸ばしかけの場合、避けては通れないところは肩に髪の毛が当たると跳ねるということです。どうしても跳ねるのが気になる時の解決方法は2つあります。1つは肩につかないくらいに切る。もう一つは、パーマをかけて無造作なゆるふわのカールにする。の2点です。髪を伸ばして行く際は、1の方法はあまり有効ではありませんね。ゆるふわのカールをかけることで髪の根元に癖がある人でもパーマで解決できる時があります。

 

首元の生えグセが後ろ

髪の毛のつむじは右から左に流れています。例えるなら、時計の軸と同じです。地球の自転も同じですね。首もとのは寝癖が強い

 

外ハネを防いで直す方法は?

ここまで来ると、よくあるお悩みの方法は3つあります。

『きる?』

『のばす?』

『どうしたらいいかわからない!?』

 

外ハネしないカット

かえちゃん(お客様)の性格は、変化を求めやすくて

でも伸ばしたい!という事なのでカットをしました。

ミディアムシルエットに早変わりです。

今日からは、ボブではなくてミディアムスタイルを楽しんでください。

トップの長さが違うだけでも大きく変化します。写真では、パーマの施術の前なのではねていますが、この後の写真を見比べてください。

BEFORE

Aライン上のボブから、くびれをつけたひし形ボブに変化させました。

 

そこにさらにシークレットパーマを☆

ドライヤーでば〜〜〜〜〜〜〜ば〜〜〜〜です。

今回はあえてブラシは使いません♡こんな感じでしょうか?

 

ハネを・防ぐ・直す・活かす・方法

外ハネという悩みを、直すのか、活かすのか、防ぐのか?方法は3パターンあります。

 

パーマで外ハネを活かす

 

 

可愛く見えるポイントは、トップのボリュームと、

毛先を自然にはねさせた事。

 

あと、意外と耳の後ろは、

クセが強い方が多いのです。

この1年間で僕は極力うねらないように

毛量調整を注意しながら施術しました☆

変にうねらない。

めちゃくちゃ綺麗ですね。

 

僕のデザイン!って感じです!

 

自慢ではないですが、正直得意です。

 

毛先がはねる?っていうお客様のお悩みは

僕にとっては、簡単に解決してあげられる事かもしれません。

乾かし方で外ハネを直す方法

難しいとされているはねている時の髪の乾かし方ですが、3分でできる乾かし方をご紹介します。パーマがかけられなくても安心してください。パーマをかけていない時の乾かし方は、頭を下げて後ろからドライヤーで乾かします。その時に内巻きに入りやすい左側からではなく、右側の後ろの髪を前方向に風を当てましょう。

1.髪を濡らします

生えグセの強い右の首元を濡らします。濡らす時は、癖の強い右後ろの髪の根元を蒸らすのがポイントです。

2.髪の根元を前方向に引っ張る

はねやすい人は髪の根元が原因です。髪の根元を髪留めでとめて、髪の根元をしっかり前方向に乾かします。

3.頭は下を向く

下を向くことで髪の根元を前方向に向けやすいです。ドライヤーの風向を髪の根元に当て、前方向に乾かせば絶対にはねないです。

4.毛先がはねない完成イメージ

写真のように根元を補正した写真です。根元が前に向くことで毛先がはねなくなります。

はねる毛先はあえてはねさせる

イノセントカラーのカジュアル外はねボブ

色々努力はしたものの、やはり毛先がはねる時はあえてはねさせてみてはいかがでしょうか?

外はねボブ

クシャクシャっとしたランダムにはねている毛先が本気でかわいい!と予約が多かったデザインです

好感度upのふんわりハネボブ

肩についても外ハネなら、はねているからこそかわいいスタイルに大変身♪

まとめ

クセを伸ばして無理矢理うちに入れてもすぐにはねる。

はねるときは、ハネを活かして魅力のあるデザインにした方がスタイリングが簡単。

伸ばすときもくるのでヘアスタイルにあきやすい人は過剰な短さはさける。

 

がポイントです。みんなhappy~

 

関連記事:ボブ記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事