縮毛矯正した髪にパーマは出来る?

癖やボリュームが気になって縮毛矯正したものの、「ストレートに飽きてしまった」、「ヘアアイロンが手間だからパーマをかけたい」という方は多いのではないでしょうか?そこで疑問が湧きます。「縮毛矯正した髪にパーマってかけられるの?」今回はその疑問についてご紹介させていただきます。

縮毛矯正とは?

縮毛矯正

まず縮毛矯正がどういうものなのかをご説明させていただきます。縮毛矯正とは、縮毛やくせの強い髪の毛を直毛の状態へ矯正する技術です。基本的にどのような状態のくせ毛であってもストレートにすることが可能です。一度ストレートに矯正された部分はまたくせ毛に戻ってしまうことはありません。半永久的に直毛の状態を維持できると考えていただいて大丈夫です。くせが強くてヘアスタイルが決まらない、ヘアスタイルが限定されてしまう、綺麗なストレートヘアにしたい、ボリュームをカット以外で減らしたいというお悩みを抱えている方向けの技術になっています。ただ薬剤と熱処理により髪の毛をストレートにするので、大なり小なり髪の毛にダメージを負うことになります。縮毛矯正の仕組みは簡単に言うと『切って、伸ばして、繋ぐ』です。髪の毛の内部組成の結合を還元剤という薬剤で断ち切り、髪の毛の形状を変えやすい状態に持っていきます。その後ストレートアイロンを使用して熱処理を施しながら髪の毛をストレートに整えます。ストレートに整えただけでは髪の毛内部の結合はまだ外れたままなので、繋ぎ直すために酸化剤という薬剤を使って形状を固定し、いつでも綺麗なストレートヘアにします。

縮毛矯正した髪にパーマは出来るの?

縮毛矯正 パーマ

では縮毛矯正の仕組みを説明させていただいたところで本題に入っていきます。結論から言うと、縮毛矯正した髪の毛にパーマをかけることは可能です。
可能ですが、お客様に了承していただく注意点があります。それは縮毛矯正した毛のダメージについてです。縮毛矯正した髪の毛は艶っとした見た目とは裏腹にダメージを負っています。縮毛矯正の仕組みの『切る』ときの還元剤と『伸ばす』ときの熱処理が、カラーなどに比べてダメージが大きい原因となっています。なので、縮毛矯正をした髪の毛にパーマをかけるということは、ダメージした髪の毛にまたダメージを大なり小なり加えることになるということをご了承ください。また、かけることは可能だとしても髪の毛の状態によっては施術を断られる場合もございます。

縮毛矯正していてもかけられるパーマとは?

出来ることが判明しましたが、縮毛矯正した髪の毛に出来ないパーマももちろんあります。
なので出来るパーマ出来ないパーマを両方ご紹介していきます。

コールドパーマはかけられない

縮毛矯正 パーマ

コールドパーマ(パーマ・コスメパーマ・クリープパーマなど)は縮毛矯正した髪の毛にかけることはできません。理由は縮毛矯正で整えた髪の毛内部の組成が崩されてしまうためです。実際にかけると、とてつもなくバサバサになり、カールはほぼつきません。ただいたずらに髪の毛をいじめてしまうことになります。

デジタルパーマならかけられる

縮毛矯正 パーマ

縮毛矯正した髪の毛はデジタルパーマならかけることができます。還元の工程も同じで熱処理を加えるところも一緒なので、相性が良いといえます。縮毛矯正がかかっているということはまた薬剤の力で結合を切断(還元)する必要がほぼないので、薬剤の弱い還元力で繋ぎをほどき、カールをつけ熱処理(熱変性)をし繋ぎなおすと言ったようにすると綺麗なパーマスタイルにすることが出来ます。ただデジタルパーマは細かいカールをつけられない・根元からしっかりかけることが出来ないため、選べるスタイルが多少狭まってしまう点はご注意ください。

まとめ

縮毛矯正 パーマ

今回は、縮毛矯正をした髪の毛にパーマをかけることができるのかについてご紹介させていただきました。髪の毛の癖や広がりが気になってストレートにしたけど、やっぱりカールスタイルが好きだからパーマをかけたいという方は是非一度ご相談ください。

関連記事:パーマ記事一覧

関連記事:縮毛矯正記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事