縮毛矯正とブリーチの正しい間隔をプロの美容師が正しい知識を教えます。

ブリーチをしても縮毛矯正ができることがわかっていただいたと思います。次は、ブリーチと縮毛矯正両方してる方の正しい間隔をプロの美容師から知りたい!ということでまとめておきました。心配なのは「施述の順番」や「どのくらいの期間や間隔」でやることができるのかということではないでしょうか?

大切なのは、おまとめサイトで探した記事を参考するのではなくてプロの美容師の記事を参考にすることです。それが、失敗を避けることにつながるからです。

ブリーチしていた髪に縮毛矯正をする間隔は?

ブリーチをしていた髪に縮毛矯正をかけるとビビリ毛やチリチリになってしまう!?

ブリーチ縮毛矯正期間
ブリーチ縮毛矯正期間

ブリーチ後に縮毛矯正をする場合の目安の期間や間隔は、最低1週間で2週間開けておけば失敗することはありません。この間隔を開けて縮毛矯正がプロのアドバイスですw。理由は、ブリーチ剤は強アルカリなので髪の毛の痛みが激しいです。1~2週間開けて強アルカリに傾いた髪の毛を中性や弱酸性に戻して施述することで失敗や痛みを抑えることが必要です。その際に注意することは、ブリーチをした髪に縮毛矯正ができる美容室で施述してください。美容院によっては、写真のように綺麗に伸ばせるとは限りません。

ブリーチ縮毛矯正期間
ブリーチ縮毛矯正期間

 

縮毛矯正やった後にブリーチをする間隔は?

ブリーチ後に縮毛矯正
縮毛矯正のあとにブリーチ

「以前何回か縮毛矯正やった後にブリーチを入れていますがブリーチを入れることはできますか?」という悩みにお答えします。
縮毛矯正後にブリーチをする最適な間隔は1週間です。ブリーチ後に縮毛矯正をするよりは比較的簡単な作業です。「縮毛矯正をかけたらブリーチはできない」と言われたことありませんか?縮毛矯正をかけた髪にブリーチをすることはできますのでご相談してください。

ブリーチ後に縮毛矯正
縮毛矯正のあとにブリーチ

この時は、黒染めもしているのでムラもついでに直していきます。縮毛矯正も同様に髪のキューティクルの損傷で過去にかけた中間から毛先が黒くムラになることがありますがそのような時も直します。

縮毛矯正の後にブリーチ
縮毛矯正の後にブリーチをするBEFORE
縮毛矯正の後にブリーチ
縮毛矯正の後にブリーチをしたAFTER

注意点は、ロングの場合毛先はこれで限界です。実は後日もう1度髪質改善のメニューでチリチリを直していきます。また違う記事でご説明していきますねw。

縮毛矯正とブリーチをしている予約

他のサイトではオススメしないという記載もありますが、ブログやコラムで見てもなおせるかなおせないかはわからないものです。この記事をご覧いただき本当に困っている方であればまずはご来店ください。その際にどの記事を見て予約したのかを当日ご来店したときにお話しください。

 

まとめ

正しい間隔や失敗しない期間は、「ブリーチをした後に縮毛矯正をする」のか、「縮毛矯正をした後でブリーチをするのか」で間隔はかわります。もしどちらの施述かわからない場合はお気軽にメッセージをいただければと思います

 

関連記事:縮毛矯正記事一覧

ネット予約をする→こちら

人気記事

新着記事

関連記事

人気記事